矯正維持2015/7/21

姿勢を正すには正しい背筋が必要不可欠な3つの理由

姿勢を正すには正しい背筋をつければ良い!?

 

猫背や巻き肩、お腹のたるみなど

姿勢が悪くなってくると

さまざまな悪影響が起こってきます!

 

姿勢を正す時に必要な事って

何なんでしょうか?

 

正しい背筋運動が良い姿勢への第一歩です!!

 

正しい背筋運動は

正しい姿勢に必要です。

 

姿勢を正すには正しい背筋が必要不可欠な3つの理由

 

では、何故正しい背筋運動が

正しい姿勢を

手に入れる事になるのでしょうか?

 

その大きな理由は

 

  1. 1.広背筋が猫背を防ぐ
  2. 2.肩甲骨の筋肉が巻き方を直す
  3. 3.体幹の筋肉が骨盤をただす

 

です!

 

1つ1つ説明していきますね~(^_^)/

 

1.広背筋が猫背を防ぐ

 

広背筋とは背中の大きな筋肉です

 

この筋肉が弱ると、背中が丸まってしまい

猫背になります。

 

なので、

広背筋を効率良く動かしましょう♪

 

動かし方は

公園遊びに行って懸垂をするのが

一番手っ取り早いですが

暑い日が続きますので

外にでるのも

イヤですよね(^^;

 

なので

 

壁際に肩の外側が当たるように

立っていただきまして

その状態から

腕を完全に持ち上げて

脇を壁に密着させてください。

 

その体勢から

腕と背中周りの筋肉に力をいれて

体を壁のほうに

押し当てる体操を行ってください♪

 

10秒当てたら、リラックスをするようにして

5セット程行ってください

 

2.肩甲骨の筋肉が巻き方を直す

 

実は、肩甲骨の筋肉を調整すると

骨盤の位置が正しくなるのです!

 

そして、巻き肩の直すのです!

 

肩甲骨を引いて、胸を張ってみてください。

自然を腰や骨盤の位置が

動きませんでしたか?

 

これは、肩甲骨と肋骨が動くと

背骨を介して

骨盤も動く事を利用しています。

 

では、肩甲骨周りの

筋肉を動かしてみましょう~!

 

腰を軽く反らした状態で

肩甲骨を寄せてください。

 

その状態で腕を斜め45度に上げて

バンザイのような姿勢をとり

親指を下にむけてください

 

軽い動きで構わないので

肘を曲げないように

上下に15回ほど

動かしてください。

 

脇のあたりに張り感が出ていれば

オッケーです(^^)/

 

3、体幹の筋肉が骨盤をただす

背中の筋肉を動かすときに

重要になってくるのが

体幹の筋肉です!!

 

この体幹の筋肉は全ての運動の

基本になっていて

正しい背筋をつけるときにも

とても重要な筋肉なんです!!

 

そして、先ほど説明させて頂いた通り

背骨を介して、骨盤の位置が

矯正されやすいので

体幹と一緒に

鍛えない手はないです(+_+)!!

 

鍛え方は

四つん這いになっていただいて

右腕ー左脚、左腕ー右脚の順番で

腕と脚をあげていってもらって

15秒キープしてください。

 

骨盤も正しい位置になって

猫背も正せますよ♪

 

正しい背筋手に入れて正しい姿勢を目指しましょう!

 

正しい背筋は

正しい姿勢とセットになります♪

 

姿勢を直したい方は是非とも

参考にしてみてください☆

LINEで送る
Pocket


Revisionは他の整体院と何が違うの?という疑問を30秒で解決!


× BACK TO INDEX <<    |   >>

このページのTOPへ

}