ボディ矯正2017/3/2

首が曲がってる人を整体で治せない理由は首を治してるから

首が曲がってる人を治せない理由

 

首が曲がってると見た目も悪いですが、痛みを引き起こす原因にもなります。

 

首の曲がりを治すには、体操がおすすめです。

 

自分で時間が空いた時に出来るので、手軽に始められます。

 

 

時間に余裕のある方は、整体へ通ってみる事も良いでしょう。

 

自分で治すよりは早く、首の曲がりを治す事も出来るでしょう。

 

 

しかし、整体を受けた人の中には、体操を行い、整体にも通ったが、首の曲がりが治らない方もいらっしゃいます。

 

 

その原因としては、以下のような事が考えられます。

 

 

  • ・体操のやり方を間違えていた。
  • ・整体師の腕が悪い。
  • ・症状が進んでいる。
  • ・日常生活で、首を曲げる事が癖になっている。

 

 

この4つの中で最も大きな原因は、

 

”首を曲げる事が癖になっている”

 

です。

 

 

体に染みついた癖は、なかなか治せません。

 

脳が”その姿勢でいる事が楽である”と誤って覚えている事が原因になるのですが、曲がってる事で痛みを感じているのであれば、困難でも治さなくてはなりません。

 

 

気が付いたら、首を真っ直ぐに戻すように意識をしたり、カバンを持つ際には両方交互に持ち替えながら持つなど、普段の動作を変えてみる事から初めてみて下さい。

 

 

では、今回の主題である。

 

 

『整体へ通っても首の曲がりが治らない』

 

 

について考えていきましょう。

 

 

 

その理由の1つには、

 

 

『首の整体を行っているから』

 

 

という事が考えられます。

 

 

「首の曲がりを治すのだから、首の治療や施術を行うのは当然でしょ?」

 

と思われる方も多いと思います。

 

 

もし、原因が首にあるのであれば、首の整体を行えば改善は見込めます。

 

しかし、首以外に曲がりの原因があり、その部分を補う為に首が曲がっている場合は、首の整体では治らないのです。

 

 

首の曲がりが気になっている方や、すでに首の曲がりの整体を受けてはいるが、症状が良くならない方。

 

一緒にその原因について、考えていきましょう。

 

 

 

1.首が曲がってる原因は筋肉にもある。

 

首を曲げる原因が首にあろうが、なかろうが、首を支える筋肉は整体を行う上で重要になってきます。

 

最終的には、首の筋肉のバランスを改善しなければならないからです。

 

 

 

首を支える筋肉として、以下の筋肉が特に大事になります。

 

 

  • ・胸鎖乳突筋
  • ・斜角筋
  • ・僧帽筋
  • ・後頭下筋群
  • ・板状筋

 

 

これらの筋肉は全て、左右対になって存在しています。

 

ですので、この筋肉の強さに左右差が生じた場合、首が曲がる原因になるのです。

 

 

 

1-1.首以外にもあった重要な筋肉

直接首についている筋肉ではないのですが、間接的に首を支えている筋肉もあります。

 

その筋肉が以下のようになります。

 

 

  • ・鎖骨下筋
  • ・大胸骨筋
  • ・前鋸筋
  • ・菱形筋
  • ・広背筋

 

 

これらの筋肉は、鎖骨や肩甲骨につきます。

 

鎖骨や肩甲骨の傾きは首を曲げる原因になるので、上記の筋肉の使い方に左右差があると、間接的に首を曲げてしまう原因となるのです。

 

 

 

2.骨格矯正で首以外の曲がってる骨を治そう。

 

首に原因がある場合は、首の筋肉の使い方に問題があります。

 

左右の筋肉の使いムラが原因となり、首を歪ませてしまうのです。

 

 

その一方で、首に原因がない場合。

 

その原因として、以下の骨の歪みがある場合が多いです。

 

 

  • ・鎖骨の高さの差
  • ・肩甲骨の高さの差
  • ・顎の曲がり
  • ・肋骨の曲がり

 

 

これらの骨の位置がずれ、そのずれを代償しようとした結果、首が曲がってしまうのです。

 

なので、骨格矯正では骨のズレを治します。

 

そして、骨についている筋肉の働きを正常化させ、首を曲がりを治していくのです。

 

 

 

2-1.首の整体を最初に行わない理由

確かに首の曲がりを治す場合、首の整体を行おう事は重要です。

 

しかし、首の整体がファーストチョイスになる事は少ないのです。

 

 

その理由は、

 

 

『首の整体を行うと一時的に、ある程度症状が良くなってしまうから』

 

 

しかし、それは原因を良くしているわけではないので、すぐに元に戻ってしまうのです。

 

しかも、首の曲がりが治っているせいで、他の部分を治しても、首の変化がわかりづらいのです

 

 

なので、首が曲がってる場合。

 

首の整体から行う事は、首の曲がりの原因をわかりづらくさせる為、よくないのです。

 

 

 

2-2.肋骨や胸郭、そして顎の矯正が重要な理由

首以外で首を曲げる原因として多いものが、肋骨や胸郭、そして顎の歪みです。

 

肋骨や胸郭の歪むと背骨が曲がります。

 

背骨が曲がると、肩甲骨や鎖骨の位置がずれて肩の高さが変わります。

 

肩の高さの違いを補うように、首が曲がってきます。

 

これが、肋骨や胸郭の歪みが招く、首の曲がりの理由の1つです。

 

 

そして、もう1つ首の曲がりの重大な原因となるものが、こちら。

 

 

『顎の歪み』

 

 

顎の歪みの矯正は、当院の専門にもなるので、もう少し詳しく、説明していきたいと思います。

 

 

 

3.首が曲がってる人は顎も曲がってる?

 

顎の曲がりは、顎の痛みや音。

フェイスラインの左右差や、エラの肥大化などを引き起こします。

 

健康や美容への悪影響があるので、何とかしたいと思う方も少なくないです。

 

 

そして、顎が歪むと、首も曲がってるくる事が多いわけなのです。

 

 

これは、

 

 

『顎が、体全体のバランスを整える部分だから』

 

 

という理由が考えられます。

 

 

 

3-1.体のバランスをとるのは、三半規管と目

人間は2足歩行の生き物です。

 

体を支える足が2本しかないので、4本足の動物と比べると安定性に乏しいです。

 

普通に生活していると余り気になる事もないのですが、体には転ばないようにバランスを保つ器官があります。

 

その1つが三半規管です。

 

 

 

3-1-1.三半規管って何?

三半規管は耳にあり、平衡感覚と関係があります。

 

イメージ的には、水が入っているコップが耳にあるような感じです。

 

 

顔を大きく片側に傾けると、コップから水がこぼれてしまいます。

 

それでは良くないので、「コップが傾き過ぎて、水がこぼれるぞ!」という命令が脳に入ります。

 

すると、脳から体のあらゆる部分に刺激がはいり、体の傾きを治してバランスをとるわけです。

 

 

 

そしてもう1つ、体のバランスをとる重要な器官があります。

 

それが目です。

 

 

 

3-1-2.二日酔いと目と三半規管

二日酔いの方の目を見たことはあるでしょうか?

 

目が回る。

とはよく言ったもので、二日酔いの方の目は、本当に回っているのです。

 

これにも、三半規管が関わっています。

 

 

アルコールを飲むと、体の水分量が上がります。

 

そして、アルコールが蒸発すると、アルコール濃度が変わるので、水分の移動起こります。

 

この際に、三半規管のリンパ液も動かされるのですが、この時、先程と同じく、耳の部分のコップが傾いた事と同じ状態を引き起こします。

 

体でもその傾きを直そうとするのですが、目も同様にバランスをとろうとしてきます。

 

 

これとよく似た状態なのが、遊園地のコーヒーカップの遊具です。

 

このアトラクションも目が回ります。

 

 

ですが、二日酔いで目が回っている場合、遊園地のコーヒーカップで揺られたように、肉体的に外力がかかっているわけではありません。

 

 

二日酔いの場合は、アルコールによってリンパ液が動かされた事による、誤作動なのです。

 

 

ですが、目は細かく動き、転ばないようにバランスをとろうとしています。(実際に転ぶ方もいらっしゃいますが、、)

 

寝ている時も、目は動き続け回っているのです。

 

 

すると、朝起きた際に、

 

「気持ち悪い」

 

ということになるわけです。

 

 

三半規管と目。

 

この2つの他に体のバランスをとる部分が、顎になります。

 

 

 

3-2.顎はバランサー?

当院では、顎は体のバランスをとる器官として考え、整体を行っています。

 

 

顎が曲がると、歩行や座る際の重心の位置の改善される事が、よくあるからです。

 

 

例えば、右の奥歯で綿やティッシュを噛んで歩いた場合、右側に傾きながら歩く事が多くなります。

 

これは、

「顎まわりの圧力センサーが関係しているのではないか?」

と考えています。

 

 

 

3-2-1.圧力センサーっ何?

体の中には、いくつかの圧力センサーがあります。

 

これは仙腸関節と呼ばれる腰部分や、顎に多く存在し、どの程度の圧力がかかっているかを調べています。

 

 

歯槽膜にも多く存在しています。

 

スルメを噛む時と豆腐を噛む際に、

 

 

「この食材は固いから、強く噛もう」

 

「これは柔らかいから、それほど強く噛まなくとも噛みきれるな」

 

 

などの情報を、圧力センサーを通して得る事が出来ます。

 

 

 

仙腸関節のセンサーには、足裏からの刺激が伝わります。

 

その両足から入った刺激の量を判断して、体のバランスをとるようにします。

 

仙腸関節が歪むと、このセンサーの精度が悪くなり、バランスがとれなくなります。

 

すると腰痛や、ぎっくり腰をおこす事が多くなります。

 

なので、多くの整体で骨盤の矯正を行う理由は、仙腸関節の機能の正常化を狙って整体しているわけです。

 

 

 

3-2-2.顎のセンサーについて

顎のセンサーも同様に、重心バランスのとるように動いています。

 

顎が他の部分と違うところは、顎は体重がかからないところです。

 

 

重心のバランスをとる部分の殆どは、体重がかかる部分にあります。

 

しかし、顎にかかる力というと、物を噛む時の咬合力です。

 

つまり、顎が歪んで噛む力が左右で片寄ると、重心バランスが悪くなるのです。

 

 

そして、顎は筋肉や筋膜、そして皮膚を介して首と繋がっています。

 

顎の歪みが首にも影響を及ぼして、首が曲がってしまう原因になるのです。

 

 

 

3-3.顎に首を合わせる整体の極意。

顎の歪みが首を曲げてしまう原因になるわけなのですが、ここで問題があります。

 

 

顎は頭蓋骨や首が正しい位置に固定されていないと、正しく動けないという事です。

 

しかし、首は曲がってしまっているわけです。

 

 

こういった場合、

顎の位置に首を合わせる整体

をおこないます。

 

 

通常、首を正しい位置に整体する場合は体、胴体の位置に合わせて整体を行います。

 

しかし、顎の位置と首位置がアンバランスの場合。

 

顎の位置に合わせて首を整体すると、首の曲がりが治ってきやすいのです。

 

 

 

なので、首が曲がってる人が整体を受けて治らない場合。

 

 

首を体の位置に合わせて整体を行っているので治らない。

 

 

ということが、原因になっている可能性が高いです。

 

 

 

顎の位置に合わせて首の整体を行う事は、通常の整体院では行わない方法です。

 

ですが、この方法を用いて整体を行うと、首の曲がりが改善する事が多いのです。

 

 

 

4.自分で出来る首と顎の整体法

 

整体に行く時間はないのだけれども、首が曲がってるのは気になる。

 

そんな方は、次の体操を行ってみて下さい。

 

 

【首顎セルフ整体法のやり方】

 

1.首を左右に曲げて、首を曲げ辛い側を確認する。

 

2.首を曲げづらい側に倒して、舌先を反対方向へ伸ばす。

 

3.舌を伸ばした状態から、更に首を同方向へ曲げる。

 

4.その状態で深呼吸を行う、15秒保持する。

 

 

舌は、顎や首の曲がりを矯正する為に欠かせない物の1つです。

 

積極的に動かして、バランスをとっていきましょう。

 

 

 

5.首が曲がってるなら、顎に合わせた整体を!

 

歯医者さんで噛み合わせを治してもらうと、首が楽になったと感じる事があります。

 

これは、正しく噛むことで血行が良くなったという理由の他に、首のバランスが良くなったという事が考えられます。

 

下顎が顔の中心に近づいたのではなく、噛む事で正しくなった下顎の位置に、顔や首の傾きが近づき適合し、首の位置が改善されたのです。

 

 

顎に合わせて整体する事は大変です。

 

しかし、首の整体を受けているのだが、いまいち結果に満足できないなどのご不満がある方は、顎に合わせた整体や、今回ご紹介した体操を行ってみて下さい。

 

同じような事やっているようで、効果が変わります。

 

 

いつも首を傾げている方。

是非とも、参考にしてみて下さい。

 

LINEで送る
Pocket


Revisionは他の整体院と何が違うの?という疑問を30秒で解決!


× BACK TO INDEX <<    |   >>

このページのTOPへ

}