矯正維持2016/3/28

首が前に出てる姿勢はどうやったら自分で治せますか?

首のたるみ、横しわ、背中のハミ肉、二重あご。それらの原因は首が前に出てるから!

 

首が前に出てると見かけ上様々な問題が出てきます。そして肩こりや首コリの原因にもなってきます。

 

今回はそんな悪の原因である首が前に出てる姿勢を治すポイントをご紹介いたします。首を長く見せたい方も一緒に参考にしてみて下さい。

 

首 前に出てる

目次

  1. 1.首が前に出てる。実は普通の事!?
  2. 2.なぜ首が必要以上に前に出ちゃうの?
  3. 3.自分で出来る矯正法
  4.   3-1.仰向けで治す矯正法
  5.   3-2.横向きで治す矯正法
  6.   3-3.うつ伏せで治す矯正法
  7. 4.まとめ

1.首が前に出てる。実は普通の事!?

 

首が前に出ている。これ実は普通の事なんです。どんな方でも首は上半身より若干前に出るようになっています。

 

しかし、横から見て明らかに前方に出ている方。これは問題です。なるべく早い段階で治してあげないとその姿勢を体が覚えてしまいなかなか治せなくなってしまいます。

 

2.なぜ首が必要以上に前に出ちゃうの?

 

首が必要以上に前に出てる原因は主に次のような事が考えられます。

 

  • ・デスクワーク
  • ・スマホ
  • ・顎の前側への歪み
  • ・片方の噛み癖
  • ・背骨の歪み
  • ・筋肉の発達異常

 

パソコンやスマホの普及により首や肩を前方に引っ張る筋肉が発達し背中の筋肉が衰える、もしくは骨格の歪みから首が前に出やすくなります。

 

また、顎が前方に歪んでも首が前に出てき易くなります。

 

歪みの対処法はこちらの『ゴリラ顔女と馬面女の見た目の特徴【なぜそう見られるの?】

のゴリラ顔のエラを治す矯正方法を参考にしてみて下さい。 

 

3.自分で出来る矯正法

 

自分で首を矯正してみましょう。今回は3方向から行う矯正方法をご紹介させて頂きます。

 

3-1.仰向けで治す矯正法

仰向けでストレッチポールを使って行う矯正方法です。

やり方:

①ストレッチポールを横に置きその上に仰向けで寝る。その際にポールが背骨と垂直になるように調節する。

 

②ストレッチポールと支点として手を使わないブリッジの状態を作る。

 

③両手を頭の後ろで組み、背骨の1つ1つの骨を意識しながら上半身を前後させる。この時に深呼吸を行う。

 

④腰のラインから肩のラインまで上下に動かし3往復させる。

3-2.横向きで治す矯正法

胸郭や肩甲骨を一緒に動かし首を矯正する方法です。

やり方:

①横向きに寝て上側の股関節と膝を90度に曲げる。

 

②曲げた膝の下にストレッチポールもしくはタオルを置き脚を固定する。

 

③膝でポールを押しつつ下半身を固定、そこから胸が上半身を向くように体を捻じる。この時に下半身が動かないように注意する。

 

④上記の姿勢を保ちつつ深呼吸を3回、3セット行う。

3-3.うつ伏せで治す矯正法

肩甲骨と背骨を連動させて首を矯正する方法です。

やり方:

①四つん這いの姿勢をとり肘を低めのテーブルもしくは棚に置く。

 

②肘を支点にして、猫のように背中を反らせる。

 

③伸ばした状態をキープして深呼吸を3回3セット行う。

4.まとめ

 

首が前に出てる姿勢は、スマホやパソコンの普及により首を前に出す筋肉もしくは骨格の歪みからくる事が多いという事でした。

 

今回ご紹介した矯正方法の他には、こういった方法で体を矯正する方法もありますので併せて参考にしてみて下さい。 参照:『猫背を整体する前に気を付ける生活習慣と猫背改良体操とは?

 

これらの方法を駆使して早めに首を正しい位置に戻してあげて下さい。

LINEで送る
Pocket


Revisionは他の整体院と何が違うの?という疑問を30秒で解決!


× BACK TO INDEX <<    |   >>

このページのTOPへ

}