美容・健康2015/8/28

身長を伸ばすのに運動は有効なのかを考察してわかった3つの事。

身長を伸ばす為には運動は有効なのか?

 

身長を伸ばしたい思った事ありませんでしたか?

身長を伸ばす為にはなにが必要なのでしょうか?

 

昔の人は正座するから身長が伸びなくなったとか、、

栄養状態が悪いからだとか、、

明らかに最近の小学生、中学生は

身長も高いし脚も長いイメージがありますよね!?

 

バスケやバレーボールなどの運動をやると

身長が高くなるとも聞いた事もありますが

果たして運動すると身長は高くなるのでしょうか?

 

身長を伸ばすのに運動は有効なのかを考察してわかった3つの事。

 

身長を伸ばす為には運動は有効です!

 

 

運動は身長を伸ばすのに良い影響の1つです♪

その理由に

 

  1. 1.骨と重力の関係性
  2. 2.ホルモンの関係性
  3. 3.骨と骨密度の関係性

 

以上の3つの関係性があります。

 

1.骨と重力の関係性

 

身長を伸ばすという事は骨を伸ばすという事です。

 

この骨を伸ばす際に関係してくるのが重力なんです!

骨が形を維持して、強さと十分な密度を保つのには

骨にはある程度の負荷を

常にかけておく必要があります。

この負荷とは体重を支える事だったり

身体を動かす事によって生じる骨を引っ張る力や

押し付ける力がこれにあたります。

 

そして、筋肉は骨にくっつく時は腱となって

骨にしっかりと密着しています。

この腱を通して骨をひっぱる力が刺激となって

骨は鍛えられるんです!

なので、運動によって骨に刺激をいれておく事は

身長を伸ばす要因の1つになり得るんです(^^)

 

2.ホルモンの関係性

 

ホルモンも骨をのばす要因の1つです♪

骨を作るホルモンは性ホルモン成長ホルモンです。

性ホルモンとして代表的なものが

女性ホルモンのエストロゲンや

男性ホルモンのテストステロンです。

 

その一方で骨の喪失に働くホルモンもあります。

それはコルチゾールなどのステロイドホルモンです。

このステロイドホルモンは副腎皮質ホルモンと呼ばれ

精神的や肉体的にストレスがかかった時に

分泌が多くなります。

 

このホルモンの厄介なところが

身体のコラーゲンを壊す

たんぱく異化作用を持っている事(*_*;

コラーゲンを壊すという事は

皮膚にも影響するという事なので

たるみの原因になる事もあるんです!!

 

骨にカルシウムが良いというのは

皆さんの知るところですが

副甲状腺ホルモンとビタミンDは

骨のカルシウムを血液中に溶かす作用があったり、

ビタミンDが不足すると

腸からカルシウムが吸収しずらくなる為

骨からカルシウムが溶け出してしまうので

カルシウムとビタミンDはやはり身長をのばす上で

大事になってくるんです!

 

では、運動がこのホルモン達と

どう関係してくるのかといいますと

運動をして体に負荷をかける事で

成長ホルモンや性ホルモンの影響が強くなり

骨がつくり替えられやすくなるんです!

 

骨が伸びるというのは

骨の新陳代謝がよくなってくるという事!

積極的に運動して

骨の作り替えをどんどんしていきましょう~(^^♪

 

3.骨と骨密度の関係性

 

マッスルメモリーという言葉を

聞いた事ないでしょうか?

マッスルメモリーとは

筋肉が行動を覚えているというもの。

長年自転車に乗っていなくて久しぶりに乗っても

自転車に乗る事ができるのは

マッスルメモリーのお蔭なんです。

そして実は骨も記憶力があるのではないのか?

と感じられる事があります。

 

この記憶とは

以前に骨にどの位の負荷をかけていたのか?

という事を覚えているのかという事です。

 

成長期に運動を沢山すると骨密度は上がります。

人によっては100%を越える人もいるくらいです。

しかし次第に運動をしなくなり負荷をかけずにいると

骨密度が下がってくるんです。

 

ですが昔に運動をしていた方は骨密度の減少も

少なくなりますし、また運動を再開すると

運動していなかった方とくらべて

骨密度の戻り方が良いようなのです。

 

若い時に運動をしておくと年をとっても安心ですね♪

 

身長を伸ばす運動は自律神経の調整にも良い

 

運動は身長をのばす為に良い要素を沢山もっていました

 

  1. ①重力
  2. ②ホルモン
  3. ③骨密度

 

この3つの恩赦を存分にうける事ができるので

運動はやっておくのに越した事はないでしょう♪

 

そして更に運動をすると身体に良いという点が

自律神経を調整できるという点です!

 

骨を丈夫な状態で保つのは

骨が負荷を察知して骨を作り変える細胞に

その情報を伝える必要があるのですが

この情報伝達に自律神経(交感神経、副交感神経)

大きくかかわっているようなんです!

 

自律神経調整法には様々な方法があるのですが

その1つに段階的負荷運動というものがあります。

簡単にいうとある一定の負荷をかけても

心拍数をあげないように運動する方法なのですが

この種類の運動をする事によって自律神経の働きを

調整する事が可能ですし、

そんなに難しい事をしないでも

太陽の光を浴びながらウォーキングをする

といっただけでも良い運動になります。

 

身長を伸ばしたい方が周りにいらっしゃる方は

参考にしてみてください(^_-)

LINEで送る
Pocket


Revisionは他の整体院と何が違うの?という疑問を30秒で解決!


× BACK TO INDEX <<    |   >>

このページのTOPへ

}