ボディ矯正2016/5/29

肩甲骨を出す事は可能か?筋トレの前の鎖骨矯正がカギを握る。

ドレスと綺麗な肩甲骨はセットです。

 

結婚式前に来院される患者さんの
目的の1つが肩甲骨を出す事。

 

もし肩甲骨の間に手をいれて肩甲骨を引き出そうと
しているのなら一旦その手を止めてあげて下さい。

 

肩甲骨と身体の間に手を入れても
肩甲骨は出てこない事が多いです。

 

肩甲骨を出すにはエクササイズは必要。
しかし、その前にもっと必要な事が鎖骨矯正。

 

これを行うかどうかが結果を変えていきます。

 

では早速、綺麗な肩甲骨の出し方を
ご紹介していきます。

 

肩甲骨を出す

目次

  1. 1.肩甲骨の働き。
  2. 2.肩甲骨はがしってなに?
  3.  2-1.翼状肩甲って何?
  4.  2-2.注意しておきましょう!
  5. 3.鎖骨が肩甲骨を出すカギを握る。
  6.  3-1.鎖骨がどう関わってくるのか?
  7.  3-2.鎖骨が肩甲骨の歪みを助長させます。
  8.  3-3.鎖骨の動きを矯正で正す。
  9. 4.鎖骨・肩甲骨矯正と体操3選。
  10.  4-1.鎖骨矯正法。
  11.  4-2.肩甲骨誘導法。
  12.  4-3.肩甲骨引き出し法。
  13. 5.今回のまとめ。

1.肩甲骨の働き。

 

肩甲骨の働きは肩を上げる事。
そして重心をとる事、歩く時の補助。

 

これらの動きの際に肩甲骨は働きます。

 

その他に美容面でも肩甲骨の位置づけは重要です。

 

肩甲骨が外から見て形作っている事は
ドレスを綺麗に着こなす条件になるようです。

 

2.肩甲骨はがしってなに?

 

肩甲骨はがしとはどういうものなのでしょうか?

 

簡単にいうと身体から肩甲骨を離して肩甲骨を
浮きだそうとする施術もしくは体操の事を
いうようです。

 

専門的には肩甲胸郭関節の可動域を拡大する
いった感じになるのでしょうか?

 

ここで注意があります。

 

2-1.翼状肩甲って何?

肩甲骨が浮くという状態自体は翼状肩甲といい

前鋸筋という筋肉の麻痺です。

 

スポーツ中に過度に神経を延ばしてしまったり
物が神経を圧迫する事により神経麻痺が起こり
肩甲骨が浮き上がってきます。

 

2-2.注意しておきましょう!

この疾患にならないように注意しながら
肩甲骨を出すような施術を行っていくのですが
肩甲骨はがしだけでは肩甲骨が出ない方がいます。

 

何故なのでしょうか?

 

3.鎖骨が肩甲骨を出すカギを握る。

 

肩甲骨はがしを行っても肩甲骨が出ない方の
原因の多くが鎖骨にあります。

 

実際には肩甲骨を出す為に必要な部分は
3つあります。

 

  1. 1.骨盤の矯正。
  2. 2.肋骨の矯正。
  3. 3.首の矯正。

 

しかし、この3つが歪んでいると同じく
歪んでくる骨があります。

 

それが鎖骨です。

 

3-1.鎖骨がどう関わってくるのか?

肩甲骨を出すには肩甲骨が正しい位置にある
必要があります。

 

ですが、前述した、骨盤、肋骨、首はその形状上歪み
易く僧帽筋といった筋肉が過剰に働いてきます。

 

すると肩甲骨の位置が歪んでくるのですが
実はこの時に肩甲骨と同じく歪む骨があります。

 

それが鎖骨です。

 

3-2.鎖骨が肩甲骨の歪みを助長させます。

僧帽筋の働きが過剰になると
肩甲骨の位置が歪みます。
そして肩甲骨の位置が歪むと鎖骨が歪みます。

 

更に鎖骨が歪むと肩甲骨の不良位置が固定されます。

 

肩甲骨を出すには肩甲骨が内転できるように
しなければならないのですが、鎖骨の歪みが
肩甲骨が内転する動きを阻害するので、
肩甲骨が出てこなくなります。

 

3-3.鎖骨の動きを矯正で正す。

鎖骨が肩甲骨の不良位置を固定してしまうので
鎖骨の動きが正常になるように矯正をすると
肩甲骨はがしをはじめとする処置がうまく効いてくる
可能性があります。

 

鎖骨の位置を正しくさせるには矯正を受けて頂く事が
一番の近道です。

 

しかし、どうしても自分でなんとかしたいという方
は次の3つを行ってみて下さい。

 

4.鎖骨・肩甲骨矯正と体操3選。

 

鎖骨の矯正と肩甲骨の体操を
自らやってしまおうというおすすめなコースです。

 

解剖学や関節運動学などが分からなくても出来るよう
にシンプルな方法をお伝えします。

 

4-1.鎖骨矯正法

鎖骨の動きを引き出して、
鎖骨を動きやすくする方法になります。

やり方

1.仰向けになり片方の肩を水平に挙げて
肘を直角に曲げる。

 

2.もう片方の指で鎖骨の下を圧迫して
斜め下に引く。

 

3.深呼吸をしながら肩と肘を伸ばしていく。

4-2.肩甲骨誘導法

鎖骨が動きやすくなったら肩甲骨が正しい方向に
動くように誘導します。

やり方

1.両手の小指と肘をくっ付けたまま
顔の前で上げる。

 

2.肩甲骨が伸ばされる事を感じたら
深呼吸を3回行う。

 

3.背中で腕を組み、肩甲骨を寄せ
深呼吸を3回行う。

4-3.肩甲骨引きだし法。

肩甲骨が出るように、肩甲骨に正しい動きを
覚えさせる体操になります。

やり方

1.壁際に背中がつくように立ち
片方の手の平で壁を押す。

 

2.もう片方腕を真っ直ぐに伸ばす。

 

3.深呼吸を行うと同時に手で壁を強く押し
延ばした腕を更に前に伸ばす。

5.今回のまとめ。

 

肩甲骨を出そうと肩甲骨と体間に手をいれて
一生懸命はがそうしていませんか?

 

それだけではなかなか肩甲骨は出ません。
何故なら鎖骨の歪みが肩甲骨の位置を
ずらしているからです。

 

肩甲骨を出すなら次の順番で
矯正体操を行って下さい。

 

  1. 1.骨盤。
  2. 2.肋骨。
  3. 3.鎖骨。
  4. 4.肩甲骨。

 

この順番で骨格の矯正を行う事が、
肩甲骨を出す近道になります。

 

肩甲骨をきれいに見せたい方はお試し下さい。

LINEで送る
Pocket


Revisionは他の整体院と何が違うの?という疑問を30秒で解決!


× BACK TO INDEX <<    |   >>

このページのTOPへ

}