美容・健康2016/6/30

アンチエイジングの為のしわ消し【最新科学が年齢を隠す時】

最強のアンチエイジングメソッド。最新科学がしわを消す日も近い!?

 

年齢を重ねた誰もがアンチエイジングという言葉を意識するのではないでしょうか?

 

世の中にはアンチエイジングに関する商品や方法が溢れているのをみると関心の高さが伺う事が出来ます。

 

そんな矢先にすばらしい記事を見つけました。

 

今回はアンチエイジングの為のしわ消しについて考えていきたいと思います。

 

1.アンチエイジングの為のしわ知識

アンチエイジングのしわの知識

 

肌の仕組みを知って対策を練っていきましょう。

 

1-1.しわは何故出来るのか?

肌は3層構造で出来ています。

1層目を表皮、2層目を真皮、3層目を皮下組織を言います。

 

肌の弾力を保っているいるのが2層目の真皮にあるコラーゲンエラスチン

この2つの物質から水分がなくなる事及びに線維のまわりのヒアルロン酸が無くなる事によって肌本来の弾力がなくなります。

 

肌の弾力がなくなり重力に勝てなくなる事。そして肌本来の形状記憶機能が弱まり引っ張られる事によってしわが出てきてしまいます。

 

1-2.一般的な予防法は?

一般的には次の事柄に気を付けると良いでしょう。

 

  • ・日焼け止めや日傘で紫外線予防。
  • ・たばこを吸わない。
  • ・野菜を中心とした食事を心がける。
  • ・ヒアルロン酸を体に入れる。

 

1-2-1.ヒアルロン酸について

ヒアルロン酸には科学的に作られた人工ものと、天然の物質から抽出した天然ものがあります。

 

サプリメントをとる際には鶏のトサカからとった天然物のヒアルロン酸を使ったサプリメントを選ぶ事をおすすめします。

 

2.最新科学がしわを消す

 

マサチューセッツが発表したレポートになります。まずは画像をご覧下さい。

 

Video: Melanie Gonick/MIT

 

Scientists at MIT, Massachusetts General Hospital, Living Proof, and Olivo Labs have developed a new material that can temporarily protect and tighten skin, and smooth wrinkles. With further development, it could also be used to deliver drugs to help treat skin conditions such as eczema and other types of dermatitis.

出典:MIT News

 

なんともすごい内容になっていますね。

 

実用化はまだされていないようなのですが、この商品が発表されたらアンチエイジングの為の最強の方法になるのではないでしょうか?

 

3.鍼灸師がアンチエイジングの為に出来る事。

鍼灸師のアンチエイジング

 

アンチエイジングの為にしわが予防できる事が見た目にどれだけの効果を与えるのか、先程の動画でも確認出来たかと思います。

 

しかし、この商品が出来るまでアンチエイジングをしないわけにはいきません。そんな時に美容鍼灸師が出来る事をお伝えしたいと思います。

 

3-1.体の中から若々しく。

鍼灸は体質改善をメインに行う施術法です。

 

しわが出来る原因の1つが皮膚に届く栄養が滞ってしまう事。

 

そして皮膚に栄養を届けるのが血液。年齢を重ね体質が変わると血液の滞りが起こってきます。

 

この状態を東洋医学では血虚瘀血といいますが、鍼灸ではこれに対した施術法が確立されています。

 

体の中から血液の滞りの改善が出来れば皮膚へ届く栄養の量も上がります。

 

しわが予防できアンチエイジングの第1歩となるはずです。

 

3-2.顔に直接鍼を刺し血流アップ。

先ほどは体の中から血流を良くする施術を行いましたが、次は直接顔へ施術を行います。

 

顔に刺激を入れることで肌のターンオーバーの周期早くなり若々しい肌を取り戻せる事でしょう。

 

4.まとめ

 

科学の進歩には目まぐるしいものがあります。そう遠くない未来にはしわを完全に予防出来るものが発表される事でしょう。

 

それまでの間に肌若々しくいさせる美活が重要になってきます。

 

科学と努力でアンチエイジングしていきましょう。

LINEで送る
Pocket

Revisionは他の整体院と何が違うの?という疑問を30秒で解決!

× BACK TO INDEX <<    |   >>

このページのTOPへ

}