ボディ矯正2015/7/27

猫背と身長との真実【猫背を直すと身長が伸びるって本当!?】

身長を伸ばしたい人必見!猫背を直すと身長が伸びる?

 

身長を伸ばしたいなら

牛乳? 小魚? ぶら下がり健康器?

いえいえ、猫背矯正で猫背を矯正するのが

一番効果的!?

 

猫背と身長との真実【猫背を直すと身長が伸びるって本当!?】

 

猫背を矯正するのに必要な事!

 

猫背を矯正すると身長は伸びるのか!?

 

実は、そんな事はありません(+_+)!!

 

ただ、

 

「そんな事ない! わたし身長伸びたもん!」

 

という方もいらっしゃいます!

 

実際は元々、その身長だったという事です!

 

さ~て、どういう事なのか

説明しますね!

 

まず、身長が伸びるってどういう事なのかというと

 

骨が伸びる!

 

という事です!

 

骨格矯正で骨を伸ばす事は出来ません!

 

なので、身長を伸ばす事は出来ないんです(-_-;)

 

これが猫背を直しても身長が伸びない理由です。

 

では、なぜ

身長が伸びたと感じられる方がいらっしゃるのかと

いいますと

 

その理由の1つに

 

曲がっていた背中が伸びたから

 

という事が考えられます。

 

ただ、これだけでは身長が伸びるという事の

説明には弱いですね!

 

曲がっていた背中を伸ばすだけなら

意識して背中を伸ばせば

猫背矯正しなくても

姿勢は良くなりますからね(+_+)

その他の理由はなんでしょうか?

 

それは

 

正しい筋肉が付くようになり

その筋肉の厚さ分の

身長が伸びた

という説です!

 

正しい筋肉?どこに?

 

それは、足の裏にです!

 

学生時代にスポーツをやっていて

就職して、スポーツをやめて

会社の健康診断で身長を測った時に

身長が低くなっていて

ショック!!

といわれる方が時々いらっしゃいます。

 

この方の身長が低くなった原因の1つに

 

足の裏の筋肉がなくなった

 

というのが考えられるんです。

 

もちろん全員ではないですよ。

 

ただ、筋肉は使うと大きくなる

習性があります。

 

なので、運動をしていた時は

足の裏の筋肉を良く使っていて

筋肉が発達、肥大していたのに

運動を止めて筋肉を使わなくなった事により

筋肉が弱って薄くなり

 

身長が低くなった

 

という具合です!

 

これは猫背の方にも

いえる事であって、

猫背の方は、骨盤や股関節の位置が

悪くなり易いです。

 

すると、歩きかたがおかしくなり

真っ直ぐに歩けなくなってしまいます

 

その結果、足の裏の筋肉が薄くなって

身長が低い状態になり

猫背を矯正する事で

歩き方が正常になって

足の裏の筋肉が正しくつき

身長が伸びる

といった感じですね~!!

 

猫背矯正と身長が伸びるメカニズム!

 

猫背矯正によって身長が伸びたという方の

理由をまとめると

 

・背中が伸びた

・足の裏の筋肉がついた

 

この2点が考えられます!

 

でも実は1番身長を伸ばすのに

有効な事は

 

成長期に姿勢を正しくしておく事

 

です。

 

何故かといいますと

 

人間の身長が伸びる時期というのは

決まっていて

・第1次成長期(赤ちゃんの時)

・第2次成長期(思春期)

です。

 

この時期に成長ホルモンといわれる

身長伸ばしホルモンが

沢山分泌される事によって

身長が伸びます!

 

そしてまた、この時期に

姿勢が悪くなると

骨は曲がって伸びてしまいます

 

この曲がりは身長を低くさせる悪害の

1つです。

 

骨を曲げて成長させない為にも

姿勢を正しくする事は

とても大事です!

 

補足

第2次成長期は遅くなるほど

身長は高くなる傾向が強いですよ!

 

後、成長期の良く噛んでたべると

唾液に含まれる成長ホルモンが活性化します。

 

身長を伸ばしたい場合は

若い時から

 

・早寝早起き

・良く噛んで食べる(両方の顎を使って噛む)

・姿勢良く、勉強運動をする

 

が最も身長を伸ばせる方法だと

考えられます!

 

大人になってからは

猫背を直して

正しい筋肉をつけ

格好の良い姿勢で

背を高く見せる!

 

実際に

身長が高くなったと

感じられる方は

いらっしゃいますので

猫背矯正体操などを

試してみて

猫背対策をしっかり行ってみてくださいね~♪

LINEで送る
Pocket

Revisionは他の整体院と何が違うの?という疑問を30秒で解決!

× BACK TO INDEX <<    |   >>

このページのTOPへ

}