鍼灸・東洋医学2021/7/12   更新日: 2021/07/13

【鍼灸師直伝】病院では治せない!?なんだかいつも疲れてる。を治す2つのツボ

東洋医学的疲れの説明

 

 

どんな方でも毎日疲れ知らずで過ごしていきたいですよね!?

 

 

ですが実際は、毎日6~7時間寝てるのにいつも眠い。なんてお悩みをお持ちの方も多いです。

 

 

疲れの原因は、生活習慣の乱れや体を動かしすぎての疲れがありますし、精神的な問題が原因で疲れが生じてくる事もあります。

 

 

こんな時、鍼灸師は疲れを東洋医学の観点から考えていきます。

主に疲れやすい方は次の2タイプに分けられます。

 

 

  • ・脾気虚タイプ
  • ・脾湿タイプ

 

 

これから詳しく説明をしていきますが、はじめにどこのツボが効くのか早く知りたい方の為に、そのツボをご紹介いたします。

 

 

疲れている上に食欲がない方には、足三里(あしさんり)

 

 

足三里の場所

 

 

疲れててやる気が出ない方には、委中(いちゅう)

 

 

委中の場所

 

 

この2つのツボを毎日3~5分指圧してあげると、疲れがとれてくるはずです。

 

 

さて、ではここから疲れについて詳しく説明していきます。

 

 

先程、疲れの原因を脾気虚と脾湿と2タイプに分けましたが、ここで”脾”という漢字が出た事に注目してください。

 

 

これは、西洋医学の脾臓と一緒なのですが、東洋医学では脾臓の働きが異なります。

 

 

東洋医学的脾臓の働き

 

 

少し説明が難しくなるので、簡単に説明していきます。

 

 

普通、食事をしたら胃や腸で消化吸収をすると考えますよね?

 

 

ですが、東洋医学では食事の本格的な消化は脾臓で行うと考えているのです。

 

 

また、食事を消化吸収する過程で作られる物質の事を精微(せいび)いいます。

 

 

脾臓では、この精微を元に血液を作るのですが、この力の事を生血(せいけつ)といいます。

 

 

次に、精微を心臓と肺へと昇らせるのですが、この力を昇清(しょうせい)といいます。

 

 

食後に頭がぼんやりするなんて時は、脾の昇清の力が衰えて上手に精微が昇っていかない事が原因になります。

 

 

女性で内出血や不生性器出血をする方がいますが、この原因は脾の統血作用といって、無駄に出血しないように血液を血管内に収める力が衰える事が原因になったりします。

 

 

このように、体を上手に働かせるには脾臓の力が大切なのですが、疲れをためやすい方は、脾の働きが衰えている可能性が高いのです。

 

 

そして、脾がどのように衰えているのかと診断する事が治療の最初の手順になります。

 

 

では、自分の疲れのタイプがどちらを診断して、その疲れを治していきましょう。

 

 

【東洋医学的】自分の疲れタイプ診断

 

自分の疲れのタイプチェック表

 

 

それでは、タイプによって出てくる症状を列記していきます。

自分に当てはまる症状が多いものを探してみましょう。

 

 

脾気虚タイプの症状

  • ・いつも眠い
  • ・食事をした後に眠くなる
  • ・元気がない
  • ・食欲がない
  • ・消化不良
  • ・お腹だけポッコリしてる
  • ・顔の血色が悪い
  • ・痩せてる、瘦せ型

 

 

脾湿タイプの症状

  • ・寝ても寝ても眠い
  • ・一日中疲れている
  • ・頭がボーとする
  • ・足がすぐにむくむ
  • ・頭がボヤッとする
  • ・足がむくみやすい
  • ・げっぷが良く出る
  • ・便秘と下痢を繰り返す

 

 

タイプによって原因が異なります

 

 

脾気虚タイプと脾湿タイプでそれぞれ原因が異なります。

ご自身のタイプに合わせた予防法をこころげましょう。

 

 

脾気虚タイプの疲れの原因

  • ・不健康な食習慣
  • ・働きすぎ、考えすぎ
  • ・手術後
  • ・出産後
  • ・運動不足
  • ・間違えたダイエット

 

 

特に不健康な食習慣は良くないです。

次の事を気を付けましょう。

 

  • ・食べ過ぎや飲みすぎ
  • ・早食い
  • ・よく噛まないで飲み込む
  • ・刺激が強い、脂っこい、冷えた、生、揚げ物、加工食品
  • ・アルコールを飲む
  • ・寝る前の1時間以内に食事をする

 

 

脾湿症タイプの疲れの原因

  • ・湿気の強い地域に住んでいる、
  • ・乳製品、揚げ物、脂もの、甘いもの、冷たいものを多く食べる
  • ・水分の摂り過ぎ

 

 

一般的に水分を多く摂りましょうといわれますが、このタイプの方は体の水分が排出できないタイプなので、必要以上に水分を摂取しないように気を付けてください。

 

 

タイプに合わせた東洋医学的疲れへの対処法

 

自分の疲れの原因が分かったら、タイプに合わせた疲れへの対処法を行いましょう。

 

 

脾気虚の対処法

脾気虚の疲れの表

 

 

  • ・生野菜や揚げ物を避ける
  • ・冷たい飲み物を避けて、温かい飲み物に変える
  • ・飲み過ぎ、食べ過ぎに気を付ける
  • ・食事に20分かける
  • ・じゃがいも、山芋、マッシュルーム、卵、豚、鶏を摂取する
  • ・ストレッチやヨガ、または30分のウォーキングや15分のジョギングをする
  • ・1日3分間、3回、足三里というツボを指圧する
  • ・お灸をする

 

 

脾湿タイプの対処法

脾湿タイプの疲れ

 

 

脾湿タイプの方は、脾気虚タイプの対処法に加えて次の事を試してみてください。

 

  • ・トウモロコシのひげ茶やあずき茶を飲む
  • ・足三里(あしさんり)に加えて、委中(いちゅう)という膝の裏側の中央にあるツボを寝る前に3~5分指圧する

 

 

病院では分からない原因不明の疲れには東洋医学を

 

なんとなく疲れてるんだけど、病院では原因が分からない。

 

 

そんな症状をお持ちの方は、鍼灸や漢方をはじめとする東洋医学がオススメです。

 

 

東洋医学は、病院で診断名がつかないような症状を治療する事に長けています。

 

 

今回の疲れはまさに病名がつかない症状です。

 

 

疲れを治すには、食生活に気を付けて足三里や委中などのツボを指圧して脾臓の衰えを治しましょう。

 

 

それでも、疲れがとれない方は症状が進んでしまっている可能性が高いです。

そんな方は、是非ともお近くの漢方医や鍼灸師に相談してみてください。

 

 

今回の記事が疲れで悩んでいる方の助けになっていれば幸いです。

 

出典: ac-punc

著者:小澤 悟 – 東洋医学博士、鍼灸師、漢方医

訳:小澤 勇人 – 柔道整復師、鍼灸師

LINEで送る
Pocket

Revisionは他の整体院と何が違うの?という疑問を30秒で解決!

▼よく検索されているワード

〒104-0061
東京都中央区銀座 6-13-5
銀座NHビル4階

営業時間 10:00-23:00
(最終受付 22:00)
不定休

TEL 03-6278-8862


このページのTOPへ

}