美容整顔矯正2015/7/23

顎がカクカクする時これだけは避けてほしい4つの行動!

顎がカクカクする時一体どうすれば良いの!?

 

朝あくびをしたら顎が鳴る!

食べ物を噛んだ時に顎がカクカクする!?

顎をパキッと鳴らす癖がある!

固いものを噛んだときに音が鳴った!

 

顎音

 

そんな事から顎がパキパキ鳴るように

なった経験はないですか?

 

顎のカクカクする時はこんな事に気をつけよう!

 

顎の音の音の種類は主に2つあります!

 

  1. 1、クリック音
  2. 2、クレピタス音

 

です。

 

1、クリック音

 

クリック音とは

カクカクやコキコキとなる音の事で

顎の関節の骨同士がこすれないようにする

関節円板というクッション材が

骨からはずれた為に

音が鳴るものです。

 

2、クレピタス音

 

クレピタス音とは

ザラザラやミシミシする音で

顎の関節の骨や関節円板自体が

変形してしまい、その変形した骨同士が

擦れて音がなってしまうものです!

 

では、 この音の対処法とはなんでしょうか?

 

1、クリック音の対処法

 

クリック音の原因は顎の関節のクッションである

関節円板がずれたのが原因です!

 

しばらくすると

元の位置に戻る方もいらっしゃいますし、

なかなか戻らない方もいらっしゃいます(+_+)!!

 

「顎から変な音が聞こえるな~」と思ったら

固い食事を避けて、頬杖などをしないなど

顎に負担をかけないように

気を付けてください。

 

2、クレピタス音の対処法

 

クレピタス音の主な原因は

老化です!

 

老人の膝の軟骨が無くなってくるのと

同じで、関節円板も

年齢と共に減っていきます。

 

なので音が鳴るだけでしたら

あまり気にしなくても良いのですが、

 

まだ若いのに顎からミシミシ音が鳴る方は

注意してください。

 

噛み癖や関節円板がズレた状態が長くなってしまい

関節が変形しているかもしれません。

そんな時は専門家に診てもらいましょう!!

 

避けるべき行動はこれだ!!

 

1、無理に口を大きく開けない

 

あれ!? 顎から音がするな!?

と感じたら、

まず大きく口を開けないようにしましょう!

 

鳴り始めであれば、すぐに治る方も多いですよ♪

 

2、枕の高さを変えよう!

 

顎が鳴り始めて、

さらに食いしばりや歯ぎしりの癖がある方は

寝ている間に顎を安静にする事が

出来ない方が多いです!

 

そして、そういう方に

「普段、どの位の高さの枕を使っていますか?」と

タオルを重ねて枕の高さ再現してもらうと

かなりの高さのまくらを使っている方が

多いです!

 

高い枕は首の筋肉を高くさせて

くいしばりの癖を増強してしまうので

気を付けて下さい!!

 

3、日中に歯をくっつけない

 

日中に上の歯と下の歯が当たっていませんか?

実は、その状態って良くないのです(+_+)

 

本当は、

上と下の歯同士は離れているものなんです!

 

何故かというと

歯同士がくっついていると

無意識に

顎に力が入ってしまい顎を安静にできないから!

顎の音の鳴り始めには特に気をつけましょう!

 

4、固いものを噛まない!

 

これは本当に鳴り始めの時だけですが

固いものを噛むときも気を付けてください。

 

ズレた顎のクッションがもっとズレてしまう可能性が

あるんです!

 

音がならなくなれば、大丈夫ですけどね(^^;

 

今回は顎のカクカクする音が

気になったら

避けて頂きたい行動を

ご紹介させていただきました!

 

参考にしてみてくださいね(^^)/

LINEで送る
Pocket

Revisionは他の整体院と何が違うの?という疑問を30秒で解決!

このページのTOPへ

}