美容整顔矯正2015/7/28

エラ張りの原因を探し出しエラ解消!四角い顔を作る5つの習慣

エラって骨じゃないの?

 

エラが張って顔が大きく見えてしまうと

お悩みのあなた。

エラは骨格だからとあきらめていませんか?

大丈夫!

 

エラが張っている方の半数以上は

骨ではなく筋肉が原因です!

 

筋肉でエラが張ってしまうのはどうして?

 

それは毎日の習慣によるものです。

噛む筋肉の使い過ぎ・・・

つまり噛みすぎですが原因です!

 

エラ張りの原因を探し出してエラ解消

 

エラの原因は噛みすぎ

 

ではどういう習慣がエラの張った顔を作る?

それは、次の原因が考えられます

 

  1. 1、睡眠中の歯ぎしりや食いしばり
  2. 2、スポーツ(部活動など本格的なもの)
  3. 3、固い食べ物が好き
  4. 4、ストレスによる食いしばり
  5. 5、噛みぐせ

 

1.睡眠中の歯ぎしりや食いしばり

 

これが最も大きい原因と言われています。

上下の歯をグッと噛みしめると

脳はそれを気持ちよく感じます。

 

睡眠中の歯ぎしりや食いしばりは、

脳がストレス発散の手段として記憶して

しまっているので、それを意識的に

止めさせるのはかなり困難です。

 

しかし歯ぎしりによる影響は

いろんなところに現れます。

歯が欠けたり、エラが張ったり、

歯が削れることで噛み合わせが変わったり。

まずはマウスピースを入れることで

歯を守り、筋肉の緊張を和らげます。

 

マウスピースは市販のものより、

ぴったり合ったものを歯医者さんに行って

作って貰って下さい。

他には枕の高さを適切な高さに変えてみたり

寝る前のマッサージなども有効です。

 

2.スポーツ(部活動など本格的なもの)

 

有名なプロスポーツ選手は奥歯が

すり減っているという話、

聞いたことありませんか?

 

ボールを打つ瞬間や踏み込みの瞬間、

物を持ち上げる時など

奥歯を噛みしめることで120%の力を

発揮します。

 

それにより奥歯がすり減ったり

欠けちゃったりします。

 

そこでここでもマウスピース。

 

歯が欠けたりすり減ったりするのを防いで

しかも何もいれないときに比べて筋力が

アップします。

 

最近では中高生の部活でも取り入れている

学校も増えています。

注:競技によってはプロの使用が禁止されている

スポーツもあります。

それほどPWup効果があるという事です。

 

3.固い食べ物が好き

 

するめやフランスパンなどの

固いため物を好む人も

咬筋が肥大してエラが張っている人が

多いです。

 

現在と違い、昔の日本人は

固いものを良く噛んで食べていたので

今より顎がしっかりし、エラが張ってました。

 

栄養バランスや骨密度の事を考えると

柔らかいものばかりではダメですが、

癖になっている人は少し減らしてみましょう。

 

4.ストレスによる食いしばり

 

ストレスがたまっている時や、

大事な仕事に集中している時など

無意識に奥歯を噛みしめている事が多いです。

 

気分転換や、気づいたときに奥歯を緩めて

顔の筋肉をマッサージするといいです。

 

5.噛み癖

 

食事をするときに左右どちらかでばかり噛む

癖のある人は片方のエラが張って

顔が左右非対称になっていることがあります。

両方で噛むように心がけましょう。

 

エラは心がけで小さくできます!

 

上に挙げた5つの癖を普段から

意識して抑えることで常に緊張状態にある

噛む筋肉が安静を覚え、

えらの張りが小さくなってきます。

 

遺伝だからとか諦めないで

ぜひ日頃の習慣に目を向けて下さい!

 

悪習慣を減らして

シュッとした顎を目指しましょ!

LINEで送る
Pocket

Revisionは他の整体院と何が違うの?という疑問を30秒で解決!

× BACK TO INDEX <<    |   >>

このページのTOPへ

}