美容整顔矯正2016/8/10   更新日: 2018/09/24

眉骨が出てる顔を自分で治すのは難しいですか?【お悩み相談】

眉骨が出てる顔を治せるのかを説明したブログのイメージ画像

 

 

眉骨が出てるのが気になるのだけれど、自分で治すのは難しいものなの?

 

 

プライベートで友人から尋ねられた質問です。

 

 

意外と多い悩みかと思い、今回は眉骨の出っ張りについて考えていきたいと思います。

 

 

眉骨の出てる顔を自分で治す事が難しいのか?

という質問に答えです。

 

 

結論から言ってしまうと、自分で治すのは難しいでしょう。

という事になります。

 

 

 

何故か難しいのか、なにか出来る事はないのか、という事から考察していきます。

 

 

 

1.眉骨が高い理由。

 

眉骨が高い動物

 

 

人間は他の類人猿と比べて眉骨は低いのですが、眉骨が高い理由はゴリラの顔からそのヒントを得る事が出来ます。

 

 

 

1-1.脳を衝撃から守る為の出っ張り。

ゴリラの顔の眉骨部分を見て頂くと分かるのですが、人間の眉骨と比べて非常に高くなっている事に気がつきます。

 

 

何故、眉骨が高くなっているのかと言いますと、噛む力から脳を守る為だと考えられています。

 

 

 

1-1-1.その仕組み

食事を初めとする咬合行為では、歯や骨を通してその衝撃が上に向かっていきます。

 

 

その力は強力で、体重の何倍もの力が発揮されると言われている程です。

 

 

そのまま、その力が上に上がってきてしまうと、脳を大きく揺らす事になってしまい、脳を損傷してしまう事にもなりかねません。

 

 

噛む力は脳を揺らす可能性がある

 

 

なので、脳を守る為に眉骨を出っ張らして、衝撃を逃がしているのだと考えられています。

 

眉骨が出てる1つの原因

 

 

 

2.眉骨が出ているのか調べてみよう。

 

眉骨が出てる事が気になる方の眉骨は、眉骨が低い方に比べて、どんな特徴があるのでしょうか?

 

 

 

2-1.眉骨の出っ張り検査

カメラやスマホでご自身の横顔を撮影して、次のポイントに線を引いていって下さい。

 

簡易眉骨検査方法

①Eラインに線を引く。

鼻の最も高い部分から、顎先の最も高い部分にかけて線を引いて下さい。

 

②おでこ顎ラインに線を引く。

おでこから顎先にかけて線を引いて下さい。

 

③鼻筋にラインに線を引く。

鼻筋に真っすぐ線を引いて下さい。

 

④おでこ鼻ラインを引く。

おでこから鼻先にかけてラインを引いて下さい。

 

おでこから鼻先の角度とあり、眉の上そして眉から目にかけて(目の掘りの部分)の隙間を確認して下さい。

 

 

角度が10度以上、そして2つの隙間が大きいと、眉骨が出てる顔に見られやすい傾向があります。

 

 

 

3.自分で行える対処法は?

 

自分で行える高さ調節法

 

眉骨の出っ張りをご自身で治す事は非常に難しいのですが、次のポイントに気を付けてみて下さい。

 

 

 

3-1.眉骨周辺の筋肉を使わない。

眉毛を寄せる筋肉とその付着部

 

 

眉骨が出ている方が、前頭筋や皺眉筋(すうびきん)などの眉毛を動かす筋肉に常時力を入れてしまうと、筋肉が盛り上がり、眉骨が更に高く見えてしまう傾向にあります。

 

 

次の2つの体操を行い、力を抜くトレーニングを行いましょう。

 

 

 

3-1-1.前頭筋脱力法

前頭筋の働き

 

 

目を大きく見開こうとすると、おでこの前頭筋を使ってしまい、筋が発達するばかりではなく、おでこのしわも目立ってきてしまいます。

 

 

こちらの筋肉の脱力法を覚えていきましょう。

 

やり方

1.おでこに手のひらを置く。

 

2.おでこにしわが寄らないように、手のひらで確認をとりながら、眼球を上に向ける。

 

3.この一連動作を、10回3セット行う。

 

 

3-1-2.皺眉筋(しゅうびきん)マッサージ

皺眉筋の作用

 

 

眉間にしわを寄せてしまう一番の原因である、皺眉筋の収縮。

 

 

一点を凝視する際に自然と力が入ってしまう方が多いです。

 

 

この部分のマッサージを行いましょう。

 

やり方

1.小指の第2関節を曲げ、その背中部分を使う。

 

2.眉頭から眉尻にかけ滑らせるようにマッサージを行う。

 

3.眉頭の部分は円を描くように、念入りに行うと尚良いです。

 

こちらの動画は眉毛の高さが違う時に行うマッサージのやり方ですが、やり方はほぼ一緒なので、参考にしてみて下さい。

 

 

 

片方だけ出てる原因

眉骨の高さの左右差

 

 

眉骨の出っ張り具合は、頭蓋骨の形に依存します。

 

 

頭頂骨

 

例えば、頭の後ろを触ってみて下さい。

 

 

この時に、左右どちらかの後頭部が絶壁だった場合。

 

 

絶壁側の眉骨の出っ張りを感じられる事が多いです。

 

 

この時、頭を上から見ると次のような頭の形をしています。

 

 

頭蓋骨が歪んでいるイメージ

 

頭が歪んでいる方に多くで、左右の目に大きさに差があります。

 

 

歪んだ眼窩のイメージ

 

 

また、加齢も原因のひとつとなります。

 

 

 

なぜなら、顔の骨は年齢と共に吸収されてくるからです。

 

 

眉骨は眼窩(がんか)という眼球をいれる凹みの上側の部分になります。

 

眼窩のイラスト

 

 

老化に伴い、上の内側と下の外側が吸収されやすく、眼窩が広がったようになってきます。

 

 

眼窩骨萎縮

 

 

眉骨の下の部分が痩せてくるので、結果として、骨が出ている部分が更に出っ張っり、眉骨が余計ゴツゴツする印象も強くなります。

 

 

 

整体で行う事

メンズ小顔矯正は女性より大変

 

整体では頭の矯正を行います。

 

 

ですが、これは頭の形を整える為ではなく、頭蓋骨の動きを正常化する事を目的にしています。

 

 

噛みこんだ時の顔面骨の動き

 

 

頭蓋骨の動きが良くなり、骨の噛み合わせが良くなる事で、咬筋や側頭筋、外側翼突筋などの顎を動かす筋肉のバランスが整います。

 

 

反対に、噛む際などに顔の骨が動かなくなると、咬筋などの筋肉が過剰に骨に圧を加えるため、歪みの原因になる可能性も高いです。

 

 

咬筋が顔を歪ませるイメージ

 

 

顎を良い位置で正しく使う事で、顔の歪みは変化します。

 

 

なので、眉骨を押して出っ張りを無くす事は出来ませんが、顔の歪みを矯正する事で筋肉のバランスをとり、顔のゴツゴツ感が目立たなくなるような整体を行う事が多いです。

 

 

 

4.眉骨の出っ張りを自分でなんとかしたいなら。

 

男性と女性の横顔の違い

 

男性は女性に比べて、眉骨が張った横顔になります。

 

 

眉骨の出っ張り自体を自分で押し込む事は難しいですが、筋肉や神経に働きかけて、今以上に目立たなくさせる努力をしていきましょう。

 

 

今回ご紹介した方法は2つ。

 

 

  1. 1.おでこの筋肉の脱力法。
  2. 2.皺眉筋のマッサージ。

 

 

確かに眉骨の高さは鼻筋おでこの膨らみ、そして頬骨の高低と共に、横顔の印象を決める重要なポイントとなります。

 

 

これらについて気になられる方は、以下の記事も参考になさって下さい。

 

 

日々の努力で綺麗なラインの顔を手に入れましょう!!

LINEで送る
Pocket

Revisionは他の整体院と何が違うの?という疑問を30秒で解決!

▼よく検索されているワード

〒104-0061
東京都中央区銀座 6-13-5
銀座NHビル4階

営業時間 10:00-23:00
(最終受付 22:00)
不定休

TEL 03-6278-8862


このページのTOPへ

}