ボディ矯正2015/10/8

骨盤が開いているのはどうやったら締めれるの?【骨盤のチェック方法と締め方をご説明】

骨盤が開いているみたい、どうしたらよいの?

 

いくらダイエットを頑張っても

なかなか痩せないお腹。

 

気になっていろいろ調べてみたら

なにやら骨盤の開きが関係しているみたい!!

 

骨盤が開いているってどうやったら分かるの?

 

骨盤が開いていたら痩せないの?

 

骨盤ってどうやったら締められるのかな?

骨盤 開いている

 

骨盤の開いてる方へ!骨盤チェックと締める方法2選

 

骨盤が開いているといろいろな悩みが出てきます。

①腰痛

②お腹がたるみやすくなる

③姿勢がわるくなる

 

上に示した問題以外にも

症状がでてくる可能性があります。

 

さて骨盤の開きってどういう事でしょうか?

 

骨盤の開きとは?

骨盤は上からみると筒状の形をしています。

そしてその筒状の形が広がった状態

骨盤の開きといいます。

 

何故骨盤が開くの?

何故骨盤が開くのかは

・靭帯が緩む場合

・筋肉が緩む場合

この2つが原因となります。

 

・靭帯が緩む場合の代表的な例は出産!!

 

出産する場合はこの筒状の形をくずしてでも

無理やりにでも赤ちゃんがでてくるように

しなければいけません。

 

その為に筒状を形作っている部分である

靭帯を緩めて開く訳です。

 

・筋肉が緩む場合は最初に

 骨盤の位置がくずれている必要があります。

 

骨盤の位置をくずしている状況の

典型的な例は

尾骨座りや足を組んで座る

などがあります。

 

この状態を続けていると

本来であればある程度

緊張していなければならない筋肉を

使わなくても体を支えられるので

筋肉を使わなくなり弱ります

 

するとやはり筒状の形を保てなくなり

骨盤が開いてしまいます。

 

骨盤が開いているか調べる方法

自分で調べるのは

とても難しい骨盤の開きなのですが

 

例えば、お尻の骨(仙骨)と骨盤(腸骨)の間である

仙腸関節の部分を押しても痛みがなく

 

横向けに寝た時に骨盤を上から圧迫した際に

仙腸関節に痛みが出た場合などは

骨盤が開いている可能性が高いです。

 

骨盤を締める体操

骨盤を締める為に良く使う筋肉は

大腰筋大殿筋になります。

 

この筋肉を使って

骨盤を締めてみましょう~(^^♪

 

・骨盤を締める体操(大腰筋)

1.仰向けに寝て

 股関節と膝が互いに90度になるように保つ

 その際にストレッチボールやいすなどで

 足を休める。

2.腹筋に過度に力が入らないように

 注意しながら足を前後に動かす。

 股関節を意識して行って下さい。

 

・骨盤を締める体操(大殿筋)

1.うつ伏せの状態で

 お腹にタオルやクッションをいれて腰を丸める。

2.膝を曲げて、ももを床からあげる

 (この際に腰に力をいれない)

3.その状態を保って足を外側い回して

 お尻の外側の力が入っているのを感じる。

4.その状態で深呼吸を4回繰り返す。

 

骨盤を締めてすっきりくびれをゲット!

 

骨盤をしめると腰回りの動きが良くなります。

 

歩いている時も骨盤は動きます。

骨盤が開いていて歩くのと

骨盤が締まってい歩くのでは

ウエスト周りの筋肉の使われ方も変わります。

 

骨盤が締まっている状態で歩く事で

無理なくくびれを手に入れる事も可能です!

 

骨盤が開いていて腰回りのお肉が気になる方は

参考にしてみて下さい~!!

LINEで送る
Pocket


Revisionは他の整体院と何が違うの?という疑問を30秒で解決!


× BACK TO INDEX <<    |   >>

このページのTOPへ

}