ボディ矯正2015/12/27

足の太さが違うとお悩みの方が治すべき悪癖とは?

足の太さが違う原因ってなに?

 

足の太さが違う時と感じたら

どんな事を行うと左右差が治るのでしょうか?

 

そもそも足の太さが違うと

日常生活にどんな問題が出るのでしょうか?

 

足の太さが違う原因と一緒に考えていきましょう~♪

足の太さが違う

 

足の太さが違う時に治すと良い悪癖とは?

 

足の太さが違う原因そして治すべき悪癖。

 

そのキーワードはにあります!!

 

足の太さの違いと脳の関係性

足が太い原因、主だったものは次のようになります。

 

  1. ①骨が太い
  2. ②筋肉が発達して太い
  3. ③脂肪によって太い

 

そしてこの中でも脳と直接関係してくるのは

②の筋肉が発達して太い

になります。

 

なぜ脳と筋肉が関係してくるのか?

足を動かしている時に

脳の血流量を調べてみると

実は足の筋肉に指令をだしている脳の部分は

左右で若干の違いがあります。

 

そしてよく使う側の足に指令を出す側の

脳は大きくなっている事が多いです。

 

この脳の大きさの左右差の違いは

後天的に培われたもので

 

生まれたばかりの赤ちゃんだと

ほぼ脳の大きさは左右で同じになってくるんです。

 

ではなぜ左右差が生まれてくるんでしょうか?

 

脳の大きさの左右差の原因

その原因はやはり右利き、左利きなどの

利き足の違いにあります。

 

右利きの方の脳を調べてみると

やはり右足に指令をだしている側の脳が

肥大している事が多いみたいです。

 

なので脳の研究を行っている方は

脳のMRIをみると

その人が右利きか左利きが分かるそうですよ。

 

実はそれだけではなく

階段を上るにしても、運動をするのにしても

実は足の運動だけで行っている訳では

ありませんよね?

 

歩く時は肩も動きますし、骨盤も動きます。

 

その際に使いやすい足は

実はうまく他の筋肉と連動して

その動作をおこないます。

 

これによってその特定の筋肉だけ発達させて

動作を完了させる事がありません。

 

なので無駄に筋肉がつくのを抑えられて

足が太くなる事を防いでくれます。

 

その一方で

利き足ではない側は

他の筋肉との連動が上手くいかない為

特定の筋肉だけに力がはいり

過度に肥大して太くなります。

 

これらが足の太さが違う事の原因と

脳との関係性になります。

 

避けるべき悪癖とは?

足を組んだり、片足で立ったりなど

左右で違う筋肉の使い方をする癖は

避けたほうがよいでしょう!!

 

また、合わない靴を履くなども

原因の1つになるので

おしゃれだからという理由で

履き続ける事は避けましょう(+_+)

 

太さの違いを整えましょう~!

 

では原因が分かったところで

どのようにしたら

足の太さの違いを直せるのでしょうか?

 

それにおすすめな方法が骨盤矯正体操です。

 

少し特殊な骨盤矯正体操を行う事で

足の左右の筋肉を均等に使いやすくなり

足の太さの違いを整えやすくなります。

 

では実際にやってみましょう~!!

 

足の太さの違う人におススメの骨盤矯正体操

①仰向けに寝て膝と股関節を90度に曲げ

 足の裏を壁につけて固定させる。

②腰を床から持ち上げる。 

 その際に

 体が頭の方向にずれないように注意する。

③膝の間にクッションを挟んで

 右ひざが天井により近くなるように

 腰まわりで調整する。

④左足の裏で壁を支えるように踏ん張り

 右足の裏を壁から離す。

 その時に

 左ももの後ろ

 力がはいっている事をチェックする。

左ももの内側を意識しながら

 クッションを押すように力を入れる

⑥その状態で右足の裏を壁に着けたり離したりする。

 この一連の体操を10回、3セット行う。

 

 

この体操を毎日コツコツ続ければ

足の太さの違いも解消されていくきます(^^)

 

是非参考にしてみて下さい~☆

LINEで送る
Pocket


Revisionは他の整体院と何が違うの?という疑問を30秒で解決!


× BACK TO INDEX <<    |   >>

このページのTOPへ

}