美容整顔矯正2015/6/21

小顔矯正で頬骨は直せるって本当?

頬骨の張りが気になるという事で、小顔矯正に通われる方は多いです。

 

しかし、果たして小顔矯正で頬骨は直せるのでしょうか?

 

また、小顔矯正では頬骨の張りに対してどのような事を行うのでしょうか?

 

頬骨に対しての小顔矯正について、探っていきましょう。

目次

1.小顔矯正で頬骨の外張りを直せるのか?

2.頬骨直すには顔の筋肉のバランスととる。

 2-1.頬骨についている筋肉。

 2-2.骨の継ぎ目ってなに?

 2-3.小顔矯正を受ける際の注意点。

3.頬骨が直るには骨と筋肉と顎。

 3-1.顎の矯正について。

4.頬骨矯正を自分でやってみよう。

 4-1.頬骨側方矯正リリース

5.まとめ

1.小顔矯正で頬骨の外張りを直せるのか!?

 

この頬骨の外張りをなんとかできないかな~!?

平面顔の頬張りをなんとかしたい!などなど、、

 

頬骨の歪みも、顔を整えたい方のお悩み度が

高いものの1つです(+_+)

 

なんとかなるものなら、

なんとかしたいですよね!?

 

小顔矯正で頬骨は直せるって本当?

 

2.頬骨を直すには顔の筋肉のバランスをとる!

 

頬骨の張りの原因の1つは

顔の筋肉のアンバランス!!

 

このアンバランスがあると、顔面の骨の

微妙な動き(弾力性ともいう)が制限されて

頬の骨に歪みが出ることが多いです。

 

小顔矯正を行うと、この顔面の超微細な動き(弾力性)が良くなり

顔の筋肉のバランスが取れやすくなるので、頬骨の横張りがとれやすくなります。

 

2-1.頬骨についている筋肉

頬骨についているもの筋肉には以下のものがあります。

 

  1. 1.咬筋
  2. 2.口角挙筋
  3. 3.大頬骨筋
  4. 4.小頬骨筋

 

頬骨にはくっ付いてはいないのですが、頬骨に関係あるものの筋肉では次のものがあります。

 

  1. 1.側頭筋

 

これらの筋肉のバランスをとる為に、小顔矯正を行っていきます。

 

2-2.骨の継ぎ目ってなに?

その他に小顔矯正で大事になってくるのが

骨の継ぎ目!!

 

解剖学的には【縫合】といいます。

 

ここにある一定の圧や刺激をいれていって

頬骨の歪み(動き、弾力性)を矯正していくと

歪みが矯正され易いです!!

 

頬骨にある骨の継ぎ目縫合を紹介すると、以下のものがあります。

 

  1. 1.頬骨上顎縫合
  2. 2.側頭頬骨縫合
  3. 3.前頭頬骨縫合

 

この骨の継ぎ目にある圧や刺激を加えていくと

顔の筋肉のバランスがとれるので

頬張りがりやすくなるわけです。

 

ただその際に気を付けて頂きたい事があります。

 

2-3.小顔矯正を受ける際の注意点。

頬骨の矯正の際に気をつけて頂きたいのは

骨折です!!

 

ここの骨折は

ご老人の転倒による骨折が多いのですが

若い方でも十分に起こりやすく、

転んで頬骨をぶつけた時に

大抵この頬骨の縫合と呼ばれるところで

折れます!

 

やはり、継ぎ目のところは弱いのですね(+_+)

 

骨折してしまうと、外張りが気になっていたのが

変形して反対に凹んでしまいます!

 

小顔矯正もある程度の圧をかけて

行う手技があるので

ここの部分は

とても慎重に施術しなければならないです!

 

3.頬骨が直るには骨と筋肉と顎!

 

これまでに紹介した小顔矯正で頬骨の歪みを矯正するポイントは2つ。

 

  1. 1.骨の微細な動きを整える。
  2. 2.筋肉に余分な力を抜かせる。

 

そして最後に最も大事な矯正があります。

 

それは顎の矯正です。

 

3-1.顎の矯正について

顎に余計な力がかかると頬骨に影響を及ぼして、頬骨の形に悪影響を及ぼす可能性があります。

顎と頬骨について

顎が歪んでいると顎の筋肉に余計な力がはいり

顎の左右の筋肉の力配分が悪くなります。

 

すると、頬骨の縫合部分の動きが悪くなって

最終的に顔が歪み頬骨が目立つ。

 

といった具合になる可能性が高いです。

 

4.頬骨矯正を自分でやってみよう。

 

小顔矯正では頬骨の縫合に圧を加えて矯正する事が多いという事でしたが、自分で矯正できないものなのでしょうか?

 

顔の骨は他と比べて、矯正の際に施術者の感覚に頼る部分がとても大きい為、経験豊かな先生が行うと非常にうまく矯正できます。

 

僕らは骨のかみ合わせなどと表現しますが、実際に測ってわかるような動きはありません。

顔の整体では流体電気的な動きとも称されますが、一般的には理解に苦しむものです。

 

しかし経験的に、この動きや弾力性を正常まで回復させると、神経の動きが促進され顔の筋肉がしっかり使えるようになるので、頬骨を矯正したい方には、是非行って頂きたい手技の1つになります。

 

簡易的なやり方を1つご紹介いたしますので、最初はご自身で試してみて下さい。

 

4-1.頬骨側方矯正リリース

頬骨にかかる圧を減らして、頬骨の減圧を狙う頬骨矯正リリースになります。

やり方

1.人差し指、中指、薬指の3本を使い、皮膚のたるみを外側に寄せる。

 

2.親指を眼窩下孔の上に置く。

 

3.頬骨をホールドして深呼吸を3回繰り返す。

 

5.まとめ

 

小顔矯正で頬骨が直るかどうか。

 

それを決めているのは次の3つです。

 

  1. 1.顎の矯正
  2. 2.頬骨の矯正
  3. 3.顔の筋肉の矯正

 

特に顎の矯正を行う経過が良い事が多いです。

 

顎や頬骨の矯正の仕方はこちらでも紹介していますので、参考にしてみて下さい。

 

参照:

頬骨を引っ込める方法を伝授【自分で行う頬骨が高い人のお悩み解消術】

 

頬骨が出てきたなと感じた時に行うべき3つの対処法

 

小顔矯正で頬骨を直すのも良し、取り合えず自分で対処するのも良し。

 

顎や頬骨のバランスや顔の筋肉のバランスをとって、頬骨を直す参考にしてみて下さい。

LINEで送る
Pocket

Revisionは他の整体院と何が違うの?という疑問を30秒で解決!

このページのTOPへ

}