美容整顔矯正2016/2/27

顎のラインをすっきりさせる時こんな間違いしていませんか?

こんな間違いを続けていると10年後きっと後悔する事になります、、。

 

顎のラインをすっきりさせた時によくやる間違いが、むやみやたらに肌を持ち上げるマッサージ。

 

これでもかと親の仇かのように顎のラインを持ち上げてすっきりさせようとしている方、その方法では顎のラインはすっきりしませんよ。

 

顎のラインをすっきりさせたいなら次の事に気を付けてみて下さい。

 

  1. ①骨格のチェック
  2. ②筋肉のチェック
  3. ③皮膚、筋膜のチェック
  4. ④姿勢のチェック

 

これらを踏まえながら顎のラインをすっきりさせていきましょう。

 

顎のライン すっきり

 

顎のラインが垂れる原因

 

顎のラインが垂れる主な原因は次のようになります。

 

  1. 1.加齢
  2. 2.日焼け
  3. 3.皮膚、筋膜の異常
  4. 4.食生活の乱れ
  5. 5.筋肉のアンバランス
  6. 6.顎のずれ

 

顔の細胞、特にミトコンドリアを活性化させると良いです。『顔の老化を食い止めるキーワードはミトコンドリア!?』をご覧になって下さい。

 

よく目にする間違った処置法

 

垂れた顎のラインを持ち上げようと上に上に皮膚を持ち上げている方。その方法では顎のラインがすっきりしない場合があります。

 

なぜならあなたの垂れの原因が他にあるからかも知れないからなんです。

 

もし垂れの原因が筋肉にあった場合は筋肉の処置。顎のずれや舌の筋肉が弱った事による弛みならそこにアプローチしていかなければなりません。

 

自分の弛みの原因がどこにあるのかを見極めて対応していきましょう。

 

正しい対処の仕方

 

今回は次の4つの原因別に正しい対処法を覚えていきましょう。

 

  1. ①骨格、顎のずれ
  2. ②筋肉の凝り
  3. ③皮膚、筋膜のたるみ
  4. ④姿勢

 

原因①:骨格、顎のずれ

骨格、特に顎がずれると顔周りの筋肉がうまく使えなくなるので顔がむくみやすくなります。なので最初は顎のずれから矯正していきましょう。

 

鏡の前で顔をあげた時に左右のエラの高さに差があると顎がずれている可能性が高いです。

 

顎のずれの自己矯正の方法:

1、エラの上がっている側の前から4番目の歯で
   1センチほどに丸めたティッシュを噛む。

2、エラの後ろ骨を親指を使い軽く前側に10秒ほど
   圧迫する

 

原因②:筋肉の凝り

筋肉が凝ると血流が滞りやはり顎のラインが弛んできます。

 

顎の筋肉を触って固い場合は筋肉のマッサージを行いましょう。

 

顎の筋肉のマッサージ方法:

1、奥歯を噛み締めた時に盛り上がる筋肉の部分を
   確かめて下さい。

2、その筋肉を指の腹を使って横方向にマッサージ
   して下さい。

3、耳の穴の前に指を置いてそのまま前に滑らせて
   いくと凹みがあります。その部分を手の平を使い
   圧迫しながら少し上に持ち上げて下さい。

4、圧迫したまま軽く口の開け閉めを行って下さい。

 

原因③:皮膚、筋膜のたるみ

皮膚や筋膜のたるみが原因で顎のラインがすっきりしない場合は上に上げるマッサージも有効です。もう少し効果を上げたい場合はこんな方法があります。

 

たるみ改善口水鉄砲法:

1、ストローを用意して下さい。

2、お風呂になどで口の中に水を含んで下さい。

3、ストローから水を力いっぱいに遠くに飛ばして
   下さい。

3、10回行ってください。

 

原因④:姿勢

姿勢も顎のラインをすっきりさせない原因の1つ。

 

首と顎のラインは皮膚や筋膜、筋肉を通して繋がっているからなのですが肩こりの原因にもなるので姿勢が良い事に越したことはないです。

 

こちらを参考にして下さい。

参照:『首が傾くと顔がたるむって本当!?【小顔矯正をする前に必ずチェックするポイント】

 

より効率的に、より効果的に

 

顎のラインをすっきりさせたいから顔をひたすら
上に上に持ち上げるマッサージばかり行っていた方は
これで根本から弛みを改善させていきたいですね。

 

この他に気を付けて頂きたい事は体重の急激な増加。

 

こればかりは今回のどの方法を使っても矯正できませんので、食べ過ぎには気を付けてすっきりした輪郭を目指しましょう。

LINEで送る
Pocket

Revisionは他の整体院と何が違うの?という疑問を30秒で解決!

▼よく検索されているワード

〒104-0061
東京都中央区銀座 6-13-5
銀座NHビル4階

営業時間 10:00-23:00
(最終受付 22:00)
不定休

TEL 03-6278-8862


このページのTOPへ

}