美容整顔矯正2015/8/6   更新日: 2018/06/24

口角を上げる方法はわずか3工程で出来る口角上げマッサージを続ければ良い

口角が下がると仏頂面(ぶっちょうづら)に見られるため、何となく近寄りづらい印象を持たれます。

 

 

また、口元のたるみが助長されるため、老けて見られやすくもなります。

 

 

出来れば口角を上げたい。

そう思う方が多いはずです。

 

 

では口角を上げるには、どのような方法があるのでしょうか?

 

 

それが以下になります。

 

 

  • ・骨格矯正
  • ・美容鍼
  • ・表情筋トレーニング
  • ・フェイシャルマッサージ

 

 

これらはどれも、口角を上げる為におすすめな方法になります。

 

 

ですが、どの順番で行うかで、効果の出方が変わります。

 

 

どの順番で行えば良いのかというと、次の通りになります。

 

 

1.骨格矯正

2.表情筋トレーニング

3.フェイシャルマッサージ

 

 

ちなみに美容鍼は、この順番に入りません。

 

いつ施術を行っても効果が変わらないからです。

 

 

なぜこの順番になるかを説明します。

 

 

【骨格矯正における矯正の順番の重要性】

 

小顔矯正や骨盤矯正など、整体で一番行いたい事は『使い過ぎている筋肉を使わせなくさせる』という事です。

 

 

なぜ使わせたくないのかというと、使い過ぎている筋肉が骨を引っ張り歪めてしまっているからです。

 

 

筋肉は関節をまたがって骨から骨についています。

 

 

そして、筋肉に力をいれた時には縮み、骨は筋肉が縮んだ方向へ動かされます。

 

 

また、筋肉にもよりますが使い過ぎている筋肉は、骨と骨の距離が近いです。

 

 

なので強い筋肉を弱める時には、次の手順を矯正を行います。

 

 

1.近づいて距離が短くなった骨を、矯正で離す。

2.その状態でいられるように、トレーニングをする。

3.それでも尚、力が入ってしまう筋肉をほぐす。

 

なので、基本はこの手順で矯正を行います。

 

 

ただし、長い間口角が下がっている場合は筋肉が癒着(ゆちゃく)し動かなくなっている場合も多いです。

 

 

その場合は、次の手順で矯正を行います。

 

1.骨格矯正

2.フェイシャルマッサージ

3.表情筋トレーニング

 

 

また、口角が下がっている場合の矯正には、2パターンあります。

 

 

  1. 1.口角を下げる筋肉が強い場合の矯正
  2. 2.口角を上げる筋肉が弱い場合の矯正

 

 

口角を下げる筋肉が強い場合は、下げる筋肉を弱める矯正を行います。

 

 

口角を上げる筋肉が弱い場合。

その場合も大抵は、口角を下げる筋肉が強いので、強い筋肉を弱めて口角を上げる筋肉を鍛える矯正を行います。

 

 

なので今回は、この手順に従って口角を上げる矯正方法及び、マッサージのやり方をご紹介いたします。

 

 

への字口でお悩みの方は、参考にして下さい。

 

 

 

口角を上げるにはどんな方法があるの?

 

口角の下がりで注意したい事は、マリオネットラインと不満顔。

 

 

口角が下がると、機嫌が悪く見られがちですし年もとって見えます。

 

 

誰でも口角をあげて、キレイな笑顔を手に入れたいものですよね!?

 

口角を上げる方法はわずか3工程で出来る口角上げマッサージを続ければ良い

 

口角を上げる方法は口角上げマッサージで決まり!

 

口角がさげる原因は、以下のようになります。

 

 

  1. ① 顎の歪み
  2. ② 頬の肉のたるみ
  3. ③ 唇の筋肉の衰え、、、

 

 

いろいろありますが、口角まわりの筋肉が固くなると口角は確実に下がります。

 

 

口角の下がりを出さないためには、口角上げマッサージが効果的です。

 

 

これから、どのようにしてマッサージで口角を上げていくのかをお伝えします。

 

 

  1. 1、顎の位置の改善
  2. 2、頬のお肉の引き上げ
  3. 3、口角マッサージ&体操

 

 

この3つが、口角を上げる口角上げマッサージになります。

 

 

 

1、顎の位置の改善

 

鏡を見て口角を意識的に下げてください。

といわれて口角下げられますか?

 

もし出来なかったら、下あごを少し前に出した状態で、もう一度口角を下げてみて下さい。

 

 

どうでしたか?

 

 

先ほどより、口角が下げ易くなりませんでしたか?

 

という事は、『下顎を前に出さないように意識すれば口角は下がらないんだ』と思われたと思います。

 

 

ですが、筋肉を動かさなさすぎても口角は下がってしまいます。

 

 

なので、意識して口角が下がらなかった方は口角が下げられるように、下顎の体操を行ったほうが良いです。

 

 

そんな時に用意するものが、次の道具です。

 

 

割りばし

 

 

割りばしを2本用意して、縦方向に両方の歯で軽く挟んでください。

 

 

そして割りばしの高さが上下しないように、顎を前後ろに動かしてください。

 

 

この体操を10回ゆっくりと行って下さい。

 

 

口角まわりの筋肉を動かしやすくなるように、顎の位置の矯正ができます。

 

 

 

2、頬のお肉の引き上げ

頬のお肉がたるむ事によって、口角は下がり易くなります。

 

 

次は、頬のお肉の引き上げマッサージを行いましょう

 

【やり方】

①手の平を使って、顎先から耳にむかってお肉を持ち上げてください。

 

②頬骨に沿って手のひらの固い所を使って、頬骨を持ち上げてください。

 

③この一連の動作を、10回おこなってください。

 

 

 

3、口角マッサージ&体操

最後に口角マッサージを行います。

 

 

【やり方】

 

人差し指の腹を使って口角の部分を円をかくように、優しくマッサージしてください。

 

その際に口角を上げるように意識しながら指をつかって、口角を持ち上げてください

 

この時のポイントがこちら。

 

 

口角を真上、斜め45度、真横の方向にそれぞれ10回行う事。

 

 

口角の部分には様々な表情筋がついています。

 

 

なので様々な方向に動かす事によって、筋肉を鍛える事ができます。

 

 

 

口角を持ち上げてステキな笑顔を手に入れよう!

 

口角を上げる方法は以下の通りになります。

 

 

  1. ①顎を位置を矯正する
  2. ②頬の肉を持ち上げる
  3. ③口角を様々な方向に動かす

 

 

この3つを行うことで、口角の下がりのないキレイな笑顔を手に入れる事ができます。

 

 

『最近、口角が下がってきたな~』と感じている方。

 

『口角を上げたい』という方。

 

 

是非、参考にしてみてください。

 

LINEで送る
Pocket

Revisionは他の整体院と何が違うの?という疑問を30秒で解決!

▼よく検索されているワード

〒104-0061
東京都中央区銀座 6-13-5
銀座NHビル4階

営業時間 10:00-23:00
(最終受付 22:00)
不定休

TEL 03-6278-8862


このページのTOPへ

}