美容整顔矯正2015/10/24   更新日: 2018/06/29

丸顔を小顔でシャープにみせる6つの丸顔解決方法

丸顔を小顔にそしてシャープに見せる

 

丸顔の方のお悩みは2つ。

 

 

  1. 1.顎がない事。
  2. 2.頬が張って大きい事。

 

 

顎がない原因として多いのが、下あごの成長不足です。

 

下顎骨の成長(骨添加と吸収)

 

青い透明の部分から、成長するに従って矢印の方向へ下あごは成長していきます。

 

 

この成長の仕方が悪いと、アゴがない顔つきになります。

 

 

アゴがある頭蓋骨とアゴがない頭蓋骨

 

 

結果、丸顔になりやすいです。

 

 

また、頬骨の出っ張りも丸顔に見られる原因となります。

 

 

頬骨の横張りの図示と文字

 

 

骨自体が横に出っ張る場合も多いですが、メーラーファットなどの頬骨の脂肪の量が多い場合に丸顔が強調されます。

 

 

頬の上のメーラーファット

 

 

また、フェイスラインのたるみも二重あごになり、丸顔になりやすいです。

 

 

50代の肌のたるみ

 

 

今回は上記の3つに加えて、首や筋膜などにアプローチして丸顔を治すセルフケアの方法をご紹介していきます。

 

 

顔が丸くなってきた方は、参考にして下さい。

 

 

 

丸顔は小顔でシャープになるの?

 

顔が丸いのがコンプレックス。

なんとかして尖った顎が欲しい。

 

 

顔が丸いと顔が大きくみえる。

フェイスラインの整った逆三角形の顔になりたい!

 

 

丸顔を小顔にしたい

 

 

このようなお悩みをお持ちの方。

 

 

実は、丸顔の方は小顔に見られる事が多いはずです。

 

顎ありと顎なし

 

縦の長さは変わっていないのですが、顎先が少し前に飛び出ているだけで、若干面長に見えませんか?

 

 

しかし、やはり顎先が尖っていないと、正面から見た時に顔が丸くなります。

 

 

若干面長には見られますが、最低でも顎先のラインは150°程は欲しいわけです。

 

シャープなアゴには150度

 

 

これは、顎先の成長の仕方や歯並びも問題もありますが、口を閉じる時筋肉を過剰に使ってしまっている事も原因の1つになります。

 

怒りでオトガイ筋に力が入る

 

 

次の方法を使って、丸顔をシャープな輪郭の小顔に近づけていきましょう。

 

 

 

丸顔を小顔にそしてシャープにしよう!

 

冒頭でも説明しましたが、丸顔に見える原因には次のものがあります。

 

 

  1. 1.顎がない
  2. 2.頬骨が横に広い
  3. 3.顔の縦幅に比べて横幅が広い
  4. 4.頬のお肉の量が多い

 

 

いろいろな要素が組み合わさると、顔が丸く見られやすいです。

 

 

こういった時に、どのような事を行っていけば良いのかといいますと、次の方法をオススメします。

 

 

  1. ①顎出しマッサージ
  2. ②オトガイ脱力法
  3. ③フェイスラインすっきりマッサージ
  4. ④口頬すぼめ体操
  5. ⑤SCM首筋マッサージ
  6. ⑥首セルフ矯正法

 

 

これらは主に、アゴに対して行うマッサージや体操法になります。

それでは、早速やってきましょう。

 

 

 

①顎出しマッサージ

顎を出していくマッサージを行います。

 

【やり方】

手の平のつけ根の部分を使います。

 

顎先からエラの部分にかけて軽く引き上げながら持ち上げる様に、マッサージして下さい。

 

 

②オトガイ脱力法

顎出しマッサージで顎を作った後に、顎に無駄な力が入らないようにする小顔体操です。

 

【やり方】

口角を上げるように笑う。

 

その際に、顎先に力が入っているか手で確認して、力が入っていたら力を抜くようにして下さい。

 

 

③フェイスラインすっきりマッサージ

二重あごを予防する小顔マッサージです。

 

【やり方】

握り拳をつくり指の第2関節の背中を使います。

 

顔を上げて顎先から喉のつけ根に向かって、滑らせるようにマッサージして下さい。

 

 

 

④口頬すぼめ体操

頬っぺたをすっきりさせる小顔体操です。

 

【やり方】

頬っぺたを大きく膨らませたり、すぼめたりします。

 

ほっぺたの筋肉を使うイメージで行って下さい。

 

 

⑤SCMマッサージ

首の筋肉(胸鎖乳突筋)のマッサージです。

 

 

首が固くなると、顔の輪郭が不明瞭になって顔が丸くなってしまいます。

 

【やり方】

1.右を向き、首の前で盛り上がった筋肉を、親指と人差し指で挟んで揉みほぐす。

 

2.同様に左を向き、首の前で盛り上がった筋肉を、親指と人差し指で挟んで揉みほぐす。

 

 

⑥首セルフ矯正法

首のセルフ矯正法です。

 

 

首をすっきりさせて、顔の輪郭を鮮明にみせる矯正方法になります。

 

【やり方】

テニスボール2つをテープでくっ付けたものを用意して下さい。

 

1.壁際に背中をつけて立って下さい。

 

2.背中と首のつけ根の骨(首を前に倒した時に一番盛り上がる骨)の両際にボールを置いて、背中と壁の間で挟む。

 

3.そのまま首の力でボールと壁を押して下さい。

 

 

頬に対するアプローチのやり方

 

大頬筋によるメーラーファットの持ち上がり

 

顎まわりには、先ほどの6つの方法が効果的ですが、丸顔の方は『頬肉』に対してもアプローチをかけていかなければなりません。

 

 

頬のお肉を無くすために一番最初に行うべき方法は『減量』です。

 

サラダでダイエット

 

頬にある脂肪もダイエットを行う事で量が減ってきます。

 

 

ただ残念な事があります。

 

 

丸顔の方がダイエットを行っても、頬の肉が減らない事が多いという事です。

 

エラが張ってオーマイゴッド

 

必要以上に体重を落とさない限り、頬の肉が落ちてはこないでしょう。

 

 

そんな時は、次のマッサージを行ってみて下さい。

 

 

 

頬肉つまみ流しマッサージ

頬骨を矯正するイメージ

 

頬まわりの代謝を良くするマッサージです。

 

【やり方】

1.両手の人差し指を中指の第2関節の固い部分で、頬骨をはさむ。

 

2.小鼻近くの頬骨を圧迫し小さい円を描きながら、頬骨に沿って流すようにマッサージを行う。

 

3.握りこぶしを作り、小指の第2関節を小鼻の横に当てる。

 

4.頬骨を持ち上げるように3秒間圧を加える。

 

5.頬骨沿いに当てる指を変えながら、頬骨の下をマッサージする。

 

6.一連の動作を3セット繰り返す。

 

 

もう丸いなんて言わせない!

 

丸顔を改善させる為には、次の方法が効果的です。

 

 

 

  1. ①顎出しマッサージ
  2. ②オトガイ脱力法
  3. ③フェイスラインすっきりマッサージ
  4. ④口頬すぼめ体操
  5. ⑤SCMマッサージ
  6. ⑥首セルフ矯正法

 

 

そして、頬肉には『頬肉つまみ流しマッサージ』がオススメです。

 

 

是非、この丸顔解決方法を試してみて下さい。

 

 

1回では効果が感じられないかも知れませんが、続けてみる行ってみると変化がでてくるはずです。

 

 

憧れの三角あごを目標に、コツコツ続けていきましょう。

 

 

【シャープな輪郭にしたい方へ、リビジョンおすすめ記事】

 

 

LINEで送る
Pocket

Revisionは他の整体院と何が違うの?という疑問を30秒で解決!

▼よく検索されているワード

〒104-0061
東京都中央区銀座 6-13-5
銀座NHビル4階

営業時間 10:00-23:00
(最終受付 22:00)
不定休

TEL 03-6278-8862


このページのTOPへ

}