ボディ矯正2016/1/30   更新日: 2018/11/20

胸を垂れないようにするには筋トレより先に姿勢を治す事が大事って本当?

胸を垂れないようにするには筋トレ?姿勢?

 

加齢授乳筋肉の衰え

靭帯が伸びてしまうなど

胸が垂れる原因は様々ありますが

 

胸を垂れないようにするには

どんな事をすれは良いのでしょうか?

 

一般的には

筋トレや姿勢を治したり

ホルモンバランスの調整や下着を見直すなど

いろいろな事が言われていますが

 

実は胸を垂れないようにするには

これらの処置の順番が

大事になってくるんです!!

 

順番が悪いと

せっかく胸を垂れないようにいろいろ努力しても

効果的に威力を発揮しなくなってしまいます(+_+)

 

なので今回は

胸が垂れないようにする為に

どういった順番で対策を練ればいいかを

お伝えしていきます~♪

 

胸 垂れない

 

胸の垂れに効果的な対策方法とは?

胸が垂れないようにする為に

効果的な対策方法って

どういうものがあるのでしょうか?

 

主には次のようなものがあります。

 

  1. 1.活発な運動を避ける
  2. 2.筋トレをする
  3. 3.姿勢を治す
  4. 4.ホルモンバランスを整える
  5. 5.下着を見直す

 

どれも自分で意識すれば

改善可能なものばかりですね

 

では今回のお題である

胸の垂れを効果的に予防する為には

予防法の順番を意識すると良い!

 

これについて説明していきましょ~(^^)/

 

理想的な予防法の順番

ではどのような順番で行えばいいのかといいますと

 

姿勢を治した後に筋トレを行い事が重要!

その他の方法は逐一気を付けてくださいという事。

 

そうなんです!

重要なのが筋トレと姿勢を矯正する順番なんです!

 

ではなぜ姿勢から矯正するとよいのでしょうか?

 

なぜ姿勢→筋トレの順番がいいのか?

なぜなら正しく筋肉を付けるには正しい姿勢で

筋トレを行わなければならないからです!

 

例えば胸が垂れないようにする筋トレの方法に

こんな方法があります!

 

胸の筋肉のトレーニング方法

①背もたれがある椅子に座って

 胸を反って両腕を真横に開いて

 5秒キープ。

②そのまま両腕を斜め上に持ち上げて

 同じく5秒キープ。

③①~②を10回繰り返してください。

 500mlのペットボトルなどを持ちながら行うと

 より効果的です。

 

この体操を行う上で治しておきたい姿勢が

猫背巻き肩なんです!

 

猫背や巻き肩があると

肩甲骨の位置に歪みがある方が多いです。

 

すると同じこの体操を行っても

筋肉への負荷のかかり方が変わりますし

なにより骨格レベルで歪みがあると

胸の筋肉をうまく使う事が出来なくなる為

他の使いやすい部分の筋肉を代償して使ってしまい

結局胸が垂れてしまいます(+_+)

 

これではせっかく筋トレを行ったのに

悲しいですよね(:_;)

 

それを防ぐ為にも

姿勢を治してから筋トレを行うと良いんですよ♪

 

猫背を治す体操はこちらを見てみてください

クリック→

猫背を治すときにプロも行うおススメの体操4選

 

下着にも気を使ってくださいね!

 

胸が垂れないようにしていきたい!

 

その為には姿勢を治してから筋トレを行うとより

効果的に胸の垂れを予防できるといった事でした!

 

そしてもう1つ気を付けて頂きたいのが

下着です!!

 

下着を着けると肩甲骨の位置が変わります。

 

肩甲骨を正しい位置で支えてくれる下着は

胸を垂れなくさせる為には

とても有効な手段になってきます。

 

デザイン性も大事ですが機能性にも

こだわってみてください!

 

これらに気を使っていれば

胸の垂れ予防しやすくなります!

参考にしてみてくださいね~(^^)/

LINEで送る
Pocket

Revisionは他の整体院と何が違うの?という疑問を30秒で解決!

▼よく検索されているワード

〒104-0061
東京都中央区銀座 6-13-5
銀座NHビル4階

営業時間 10:00-23:00
(最終受付 22:00)
不定休

TEL 03-6278-8862


このページのTOPへ

}