動画2018/11/21   更新日: 2018/11/22

胸のたるみの解消法!簡単に綺麗なバストが作れます♪

胸のたるみのリンパマッサージを紹介したブログ

 

  • ・年とともに、胸のたるみが気になってきた。
  • ・水着を着る機会や、下着を付ける際に、胸の大きさが気になる。
  • ・胸に自信がなく、恥ずかしい。
  • ・女性らしい体を作りたい。

 

 

女性なら、こんなお悩みをいつかは感じてしまうものですよね?

 

 

なぜ、胸は垂れてきてしまうのでしょうか?

 

 

胸がたるむ原因には、次のものがあります。

  1. (1)ホルモンバランスの乱れ
  2. (2)クーパー靭帯の伸び
  3. (3)普段の姿勢
  4. (4)冷え
  5. (5)合わない下着

なので、合わない下着や猫背など普段から意識して、胸が垂れないように注意しなければなりません。

 

 

でも、わざわざ下着を買い直すのって、面倒ですよね~。

 

 

実は、自分で胸のたるみを治すことも出来るって知ってました?

 

 

その方法が、リンパマッサージになります!

 

 

まずは、こちらの動画をご覧ください。

 

 

なぜ、リンパマッサージが胸のたるみの解消に、効果があるのでしょうか?

・リンパの流れを良くすることによって、バストへ栄養がいきやすくなるから。

胸が垂れている方は、リンパの詰まりが原因で、バストに栄養がいかなくなっています。

なので、流れを良くすることで、胸が元気になります。

 

・デリケートな部分なので、自分で力の加減の調節が可能。

確かに、プロに頼んだほうが効果が高い場合もあります。

ですが、慣れてくるとプロよりも上手に行えるようになるんです!

 

・毎日1分で簡単で出来るので、続けやすい。

入浴中でも行えるので、無理なく続けることが出来ます。

 

・ツボを押すことで。女性ホルモンの働きを活性化させて、たるみの予防が出来るから。

ツボを押すと女性ホルモンが活性化するので、バストのたるみ以外にも、肌がきれいになったりと、沢山の効果が期待できます!

では、更に詳しくバストが垂れるのかの理由や、正しいリンパマッサージのやり方を、ご説明させて頂きます。

 

 

 

【バストの悩みについて】

 

簡単に、原因を説明させていただきます。

 

【胸が小さい・バストが垂れる5つの原因】

バストの悩み

 

考えられるものとして、以下の5つがあげられます。

 

(1)ホルモンバランスの乱れ

(2)クーパー靭帯の伸び

(3)普段の姿勢

(4)冷え

(5)合わない下着

 

順番に説明させていただきます。

 

 

【1】ホルモンバランスの乱れ

ハート

まず、女性ホルモンホルモンには、【エストロゲン】という物質があります。

 

 

【エストロゲン】は、バストの大きさと、とても関係が深いものです。

 

 

エストロゲンの作用は、以下のものがあります。

 

  • ・乳腺を発達させる
  • ・胸の脂肪を発達させる
  • ・精神を安定させる
  • ・妊娠状態を維持させる
  • ・女性らしい体を作る

 

エストロゲンの分泌が増加すると、バストのサイズが大きくなります。

 

 

乳腺というのは、胸の中にある母乳を作る組織です。

 

 

乳腺の数が多いほど、胸が大きくなるので、エストロゲンの分泌の増加は、直接バストアップにつながります!

 

 

妊娠中に胸が大きくなるのも、エストロゲンの分泌の量が、増加するからなのです。

 

 

なので、睡眠不足・不摂生などの生活習慣や、冷えやストレスなどの要因が、ホルモンバランスを崩すと、エストロゲンの分泌が低下してします。

 

その結果、胸が小さくなってしまうのです。

 

【2】クーパー靭帯の伸び

バスト

 

次に、バストの垂れと、深く関係しているものとして、【クーパー靭帯】があります。

 

クーパー靭帯というのは、胸の中にある靭帯のことを言います。

 

 

胸の筋肉をしっかり支えてくれて、ハリのある綺麗なバストを作ってくれている大事な靭帯です。

 

 

なので、クーパー靭帯が伸びてしまうと、胸の位置を保てなくなり、垂れてしまう原因となります。

 

 

クーパー靭帯が伸びてしまう最大の原因は、老化によるものです。

 

 

老化による靭帯の伸びは、予防法はないとされていますが、バストの周りの血流をよくすることが、とても大事になります。

 

 

サイズの合った下着を付けることや、入浴時のマッサージなどが、おすすめです。

 

 

【3】普段の姿勢

猫背

 

バストアップの妨げになっているのは、【猫背の姿勢】です。

 

 

デスクワークをしている女性は、無意識でも猫背になっている場合があります。

 

猫背になると、肩が内側に入る【巻き肩】になりやすいです。

 

その結果、背中の筋肉が、凝ってしまい、脂肪がつきやすく、バストがたるんでしまいます。

 

 

猫背になると、全身の血流が悪くなってしまいます。なので、栄養分が十分に、バストに行かず、バストを小さくしてしまいます。

 

 

デスクワークの途中でも、普段の日常生活でも、正しい姿勢を意識することが大事です。

 

【4】冷え

冷え性の画像

【冷え】は、自律神経を乱しやすくしてしまいます。

 

 

バストアップに大きくかかわる【女性ホルモン】の働きは、自律神経の作用に影響するため、ホルモンバランスを崩す可能性があります。

 

 

また、冷えると全身の血液循環が悪くなるため、バストに運ばれる栄養が少なくなり、バストを小さくしてしまうのです。

 

 

これからの季節に体を冷やさないように対策することが、とても大事です。

 

【5】合わない下着

ブラジャー

サイズのあっていない下着を着用していて、胸を締め付けている場合は、胸のクーパー靭帯にダメージを与えて、胸の垂れる原因となります。

 

また、胸部への血行を圧迫してしまう場合があるのです。

 

 

締め付けられるのが苦手で、ワンサイズ大き目の下着を使っている方も、その下着に体が合わせようとして、垂れてしまうので、気を付けましょう。

 

 

自分のバストのサイズにしっかりあった下着を、毎日着用することが大事です。

 

 

以上の5つの原因に心当たりはありませんか?

 

 

姿勢など、自分で意識しながら変えていけるので、普段から気を付けることが大事になります。

 

 

それでは、自分でかんたんにできるセルフケアを紹介させていただきます!

 

 

バストのたるみ改善!簡単セルフケア

バストのたるみの原因をが分かったところで、ここから、リンパマッサージのご紹介になります。

 

 

 

綺麗なバストを作る!1日1分胸のたるみ解消マッサージ

 

それでは、簡単なマッサージを紹介させていただきます。

 

(1)まず、デコルテのマッサージをしていきます。

デコルテ

 

老廃物を流すイメージで、左右10回ずつ行いましょう。

 

 

(2)次に、片手をあげて脇の下から、胸にかけてマッサージします。

マッサージ

 

この時、余分な脂肪をすべてバストに集めるイメージで行ってください。

 

 

左右10回ずつ行いましょう。

 

(3)最後に、ツボ押しを行います。

壇中

 

左右の胸のちょうど中心に、壇中(だんちゅう)というツボがあります。

 

 

壇中は、女性ホルモンの作用を高めるツボで、バストアップに直接つながります。

 

 

10秒間押しましょう。

 

 

以上のマッサージを、1日1分続けていただくだけで、胸のたるみを解消させてバストアップにも効果が期待できます。

ぜひ、試してみてください。

 

 

他にも、日々の生活で変える事で、バストアップの効果を上げるものもあります。

 

 

【簡単!毎日の習慣を変える!簡単バストアップ法】

 

 

先程も、あげたようにまず、姿勢から気を付けることがとても大事です。

 

 

猫背を気を付けるだけで、背中が伸ばされ、上向きの綺麗なバストになります。

 

 

また、バストアップに効くと言われている食事があります。

豆乳

1つは、大豆イソフラボンを含む食べ物です。女性の美容と健康に効果があり、女性ホルモンに似ている働きがあるため、バストアップにつながるのです。

 

 

大豆イソフラボンを含む食事は、豆乳・豆腐・納豆・きなこ・味噌などです。

 

 

他にも、赤キャベツ・リンゴ・ブドウ・ナッツ・海藻も女性ホルモンを、活性させる働きがあります。

 

 

あとは、ストレスを溜め込まないことや、睡眠時間をしっかり取ることが大事です。

 

 

バストアップのために、日々の生活で変えられることが、たくさんあるので、ぜひ試してみてください。

 

 

参考にしていただければ幸いです。

LINEで送る
Pocket

Revisionは他の整体院と何が違うの?という疑問を30秒で解決!

▼よく検索されているワード

〒104-0061
東京都中央区銀座 6-13-5
銀座NHビル4階

営業時間 10:00-23:00
(最終受付 22:00)
不定休

TEL 03-6278-8862


このページのTOPへ

}