ボディ矯正2016/3/27   更新日: 2020/06/30

1日3分骨盤ダイエット3つの謎に迫る【なぜ痩せるのか?】

1日3分骨盤ダイエット響きはいいが本当に効果があるのだろうか?1日3分なにを行うと骨盤ダイエットと言えるのだろうか?今回はその謎に迫ってみたいと思います。

 

1日3分骨盤ダイエット

 

 

1日3分骨盤ダイエットとは?

 

名前からすると1日に3分間骨盤に何かをしてダイエットをする方法だという事が推測できます。では何を行えば良いのでしょうか?

 

それは骨盤矯正になります。どうやら自分で骨盤を矯正する事によって体のサイズを落としていく方法のようです。

 

ここでいくつか疑問があがります。なぜ骨盤の歪みを矯正する事によってサイズがダウンするのでしょうか?

 

骨盤ダイエット3つの謎

 

1日3分骨盤ダイエットの謎。骨盤と体のサイズダウンがどのように繋がっているのでしょうか?その疑問を考えていきます。

 

 

骨盤の歪みを治すと何故痩せる?

ダイエットの基本、それは1日の摂取カロリーが代謝カロリーよりも少なくなる事。そうすれば体重は減ります。

 

 

摂取カロリーを減らす為に行う事が食事制限。代謝カロリーを上げる為に行う事が運動。単純な算数なのですがこれがなかな難しい。

 

 

では1日3分骨盤ダイエットはどちらに分類されるのでしょうか?それは代謝カロリーを上げる方だと思って下さい。しかしここで1つ問題があります。

 

 

代謝カロリーを上げるには筋肉を付けて基礎代謝量を増やすか、有酸素運動などで消費カロリーを上げなければならないのですが骨盤ダイエットはこのどちらにも分類されません。

 

 

骨盤ダイエットは骨盤を整え横隔膜の動きを正常にし食事のエネルギーをスムーズに体に取り込む取事によって便通を良くして痩せるという行為を促進する為に行います。

骨盤が歪む事によるダイエットへの弊害:

骨盤が歪むと横隔膜という筋肉が歪みます。この筋肉は主に呼吸を司る筋肉なのですが、その他に姿勢を正しい位置にとどめるといった役割を持っていますし、腹筋を共同に働いて腸の動きを活発にするといった役割も担っています。

 

横隔膜は胸とお腹の間にあるドーム型の筋肉で通常時は上に盛り上がるように固定されています。

息を吸うと横隔膜が下に動きこの時に横隔膜の上にある肺を引っ張り肺の中に空気を入れやすくします。そして同時に横隔膜より下にある内臓を押し下げて内臓を動かします。

 

そして息を吐く時には横隔膜が元のドーム状の形に戻ると同時に腹筋が内臓を上方向に押し上げます。

 

呼吸と共に内臓の上下運動が促進され便通が良くなります。しかし骨盤が歪み横隔膜や腹筋の働きが弱くなると内臓の動きが促進されてこないといった状況になります。

 

なので骨盤が歪むと呼吸が浅くなり自律神経が乱れる。姿勢が悪くなり肩こりや腰痛の原因になる。腸をスムーズに動かせなくなり便秘を引き起こし体重が減らなくなるといった弊害が出てきます。

 

 

1日3分で効果があるものなのか?

骨盤の矯正を行うと便通がよくなりサイズが減るといったメカニズムは分かったが、果たして1日3分だけで効果があるものなのでしょうか?

 

実はあるんです。骨盤の歪みを自分で矯正するには1日3分の体操でも十分に効果があります。その理由は脳にあります。

 

骨盤を正しい位置に保っておくにはその状態を脳が記憶しておく必要があります。毎日3分体操を行えば脳はその状態を覚えてくれます。

 

詳しくは『運動と脳は姿勢を良くするために必要不可欠な3つの理由』をご覧になって下さい。

 

 

どのくらいで効果が出てくるものなのか?

これはその人それぞれです。今現在その人がどの程度の骨盤の歪みでどの程度の筋力を持っているかによって効果が出てくる期間が変わってきます。

 

早い人なら1か月以内で効果が出てきます。もっと詳しく知りたい方は『骨盤矯正にかかる期間を徹底解剖!【筋力と骨盤の歪み度合いを知って矯正にかかる期間を推測する方法】』を参考にしてみて下さい。

 

 

1日3分骨盤ダイエットをやってみよう!

 

1日3分骨盤体操を実際にやってみましょう。

 

  1. 1.横隔膜を緩める体操
  2. 2.骨盤を矯正する体操
  3. 3.肋骨を矯正する体操

 

 

1.横隔膜を緩める体操(1分間)

最初に横隔膜をリラックスさせて動きやすくする体操を行います。

やり方:

①仰向けに寝て椅子の上に足を置き股関節を膝を90度に曲げる。

 

②両手を上げてリラックスする。この時にお腹の力を抜きお腹に力が入ってない事を確認する。

 

③鼻から息を吸い、口から息を吐く深呼吸を3回繰り返す。この動きを1分間繰り返す。

 

 

2.骨盤を矯正する体操

横隔膜を緩めた後は骨盤を矯正し骨盤と横隔膜がうまく連動するように調節していきましょう。

やり方:

①椅子に座って膝の間でクッションを挟む。

 

②片方の膝がもう一方の膝よりも手前にくるように調整する。この時に手前に引いた側の太ももの内側に力が入るように調節する。

 

③手前に引いた膝を同じ側に上半身を軽く曲げ脇腹に力が入るように調節する。

 

④手前に引いた膝の前にもう片方の足首がくるように足を持ち上げ調節する。

 

⑤足を持ち上げた側の膝を反対側の手で軽く押し返す。3回深呼吸を行い、休む。この一連の動きを1分間続ける。

 

 

3.肋骨を矯正する体操

横隔膜と肋骨の連動性を良くして内臓の動きを良くしていきましょう。

やり方:

①横向きに寝て股関節と膝を90度に曲げ足の裏を壁にくっ付ける。

 

②下になった肩を前に、上の肩を後ろに回して上半身が捻じれた状態を作る。

 

③上側の膝が下側の膝よりも前になるようにずらしそのまま上下の足首は重ねたまま、上側の膝を天井に向かって持ち上げる。この時にお尻の外側に力が入るように調節する。

 

④隙間ができた膝の間を埋めるように下側の膝を持ち上げる。この時に太ももの内側に力が入るように調節する。

 

⑤上側の肩を後ろ側に向けて伸ばし背中をストレッチさせる。

 

⑥この状態を保ちつつ深呼吸を行う。この一連の動作を1分間行う。

 

 

骨盤だけじゃない!痩せるための矯正体操

 

痩せるには骨盤を締める事は勿論大切なのですが、それ以外にも大事になってくる部位があります。

 

 

その1つが、背中です!

 

 

背中が丸まると、姿勢を真っ直ぐするための筋肉が弱ります。

 

 

すると、1日を通しての消費エネルギーが減ってきます。

 

 

結果、太ってしまうのです。

 

 

そんな時、こちらの体操を行って姿勢を良くしていきましょう!

 

 

痩せるために必要な肩甲間部矯正体操やり方

 

 

今回のまとめ

 

1日3分骨盤ダイエットの謎、果たしてどういう効果がありダイエットになるのか?

 

その答えは骨盤を整える事により横隔膜、腹筋の連動性を高め内臓を動かす事により便通を促進しダイエットを行うというものでした。

 

1日3分行うだけでダイエット出来るとても便利な方法になります。しかしお腹いっぱい食べていたら効果は薄くなるので食事にも気を使って下さい。

 

なにかダイエットを初めてみようかとお考えの方は、是非お試しください。

 

LINEで送る
Pocket

Revisionは他の整体院と何が違うの?という疑問を30秒で解決!

▼よく検索されているワード

〒104-0061
東京都中央区銀座 6-13-5
銀座NHビル4階

営業時間 10:00-23:00
(最終受付 22:00)
不定休

TEL 03-6278-8862


このページのTOPへ

}