美容整顔矯正2015/7/20

メンズを小顔に矯正する際の女性との施術の相違点とは?

メンズと女性の小顔矯正の違い

 

小顔矯正を受けたいのですが、メンズでも受ける事は可能ですか?

というお問い合わせをよく受けます。

 

男性でも女性でもどなたでも顔は歪みますし、サイズも大きくなる可能性があります。

 

なので小顔矯正など顔の整体を男性が受ける事も、おかしくありません。

 

ただ日々小顔矯正をメンズに行っていて感じる事があります。

 

それは感覚的な事なのですが、小顔矯正においてあるポイントが女性の時と違います。

 

今回はそんな経験の中で感じている、小顔矯正を男性に行う場合と女性に行う場合の違いについてを、お伝えしていきます。

 

メンズだけど小顔矯正に行ってみたいなとお考えの方は参考にしてみて下さい。

 

 

メンズの小顔矯正のやり方は女性とは違う?

 

メンズ小顔矯正は女性より大変

 

小顔矯正に行ってみたいと思っている男性諸君、今はメンズも小顔にする時代です!!

 

そして実はメンズの方が、顔の歪みを起こしやすい場合があるってご存知でしたか?

その理由の1つに男女の骨格に違い筋力の違いがあります。

 

では早速、メンズに小顔矯正を行う際に気を付けている事を、探っていきましょう。

 

 

男性ならではの悩みに注意して施術する!

 

男性の顔の悩み

 

メンズを小顔にする時は、女性との違いを意識して施術しています。

 

まず、男性と女性では顔の直したい部分が若干違います!

 

男性は顔がゴツゴツしているのが気になったり、顔が四角く見える事を嫌う方が多いです。

 

男性と女性の骨格の違い

男性と女性でお顔の骨の違いは、どこにあると思われますか?

 

実は、顔の骨で男女を見分けることって難しいのです。

 

話は少し脱線しますが、男性と女性を骨格で見分ける場合に、どこの骨に顕著な違いがでると思いますか?

 

実は男性と女性を骨で見極める時は主に、骨盤の形の差を使います!

 

男性の骨盤は縦に深くできていて、女性の骨盤は横に広くできています。

 

しかし、顔の骨も骨盤程ではないのですが、若干の男女差はあります。

 

例えば次のような部分が違います。

 

  • ・男性の方がエラの骨がしっかりしている
  • ・男性の方が耳の後ろの骨(乳様突起)が大きい
  • ・男性の方が眉の骨が出っぱている

 

 

そして、筋肉の量や大きさは骨の大きさに依存しやすいので、以下の特徴も見られやすくなります。

 

・エラに骨が大きいと、咬筋が大きくなりエラ張りに見える。

・耳の後ろの骨(乳様突起)が大きいと、首の筋肉(胸鎖乳突筋)が大きくなりやすく、首が太く見える。

・眉の骨の出っ張りによっては、ゴツゴツした顔に見られる。

 

これらが男性の顔の骨に見られる特徴です。

 

 

小顔矯正を受けたいメンズが特に気になる、おでこと眉骨そして鼻の曲がり。

 

男性が気になる顔パーツ

 

小顔矯正を受けたいと思って相談に来られるメンズ患者さんが、時に気になる顔のパーツが次のものになります。

 

  1. 1.おでこと眉骨
  2. 2.鼻の曲がり

 

エラや頬骨などは、女性の患者さんも気になられて来院されるのですが、この2つについては男性の患者さんのほとんどが気になられる部分になります。

 

1.おでこと眉骨について

先程も前述しましたが、男性は女性に比べておでこから眉骨にかけてのラインに特徴がでます。

 

試しに次の検査を行ってみて下さい。

 

簡易眉骨検査法

簡易眉骨検査方法

①Eラインに線を引く。

鼻の最も高い部分から、顎先の最も高い部分にかけて線を引いて下さい。

②おでこ顎ラインに線を引く。

おでこから顎先にかけて線を引いて下さい。

③鼻筋にラインに線を引く。

鼻筋に真っすぐ線を引いて下さい。

④おでこ鼻ラインを引く。

おでこから鼻先にかけてラインを引いて下さい。

 

詳しい説明は『眉骨が出てる顔を自分で治すのは難しいですか?【お悩み相談】』に譲りますが、メンズの方はこの隙間が大きい方が多いです。

 

2.鼻の曲がりについて

おでこから眉骨のお悩みと同じように、鼻の曲がりが気になられる男性の方も多いです。

 

鼻の曲がり具合をご自身で検査する時は、以下の方法が便利です。

 

鼻の曲がり簡易検査法

おでこ鼻ライン

おでこから顎先にかけて真っすぐに線を引き、その線と鼻すじのラインの角度を調べます。

 

平均すると30~32度ほどあり、左右差が2度以上あると真正面を向いた時に鼻が曲がっている印象が強くなります。

鼻の曲がりについて、もう少し詳しく知りたい方は『鼻の曲がりは自分で矯正して直せるのか?【自己矯正のやり方と効果】』をご参照ください。

 

3.おとこらしい顔つきになりたい。

そして、男らしい顔つきになりたいという相談も受ける事があります。

 

こういった場合は、エラおでこと眉骨頬のこけなどのバランスが取れるように、顔のトレーニングや矯正を行うと良いです。

 

こちらで説明していますので、宜しければ参考になさって下さい。

 

 

 

小顔矯正をメンズに行う場合に意識している事

 

男性矯正

 

では、男性はどのような事に気を付けて、メンズを小顔にしていくのかといいますと、次のようになります。

 

1.若干、力強く矯正する。

2.矯正を維持させる為にテクニックが必要。

 

 

1.若干力強く矯正する。

これも感覚的なものなのですが、男性の方が筋肉の力が強い為か、弱い力ですと矯正がかかり辛いイメージがあります。

 

勿論、個人差はありますが、男性は女性に比べると痛がりの方が多いですから、大変ですね(笑)

 

2.矯正を維持させる為にテクニックが必要。

顔の歪みにはある一定のパターンがあります。

例えば顔が右に曲がっている場合ですと次のパターンに陥りやすいです。

 

左目が右目より小さく、左目尻が下がり下唇が右にずれ口角が上に上がる。

 

この他にもいろいろなパターンがあり、この歪みのパターンから抜け出す事を最初の目標に矯正しています。

 

しかし男性は女性より筋力も骨格もしっかりしているので、顔が歪んだ時にその歪みのパターンから
抜け出す事が難しい上に戻りやすくなっています。

 

なので小顔矯正を男性に行った場合は、高いテクニックが必要になる事が多いです。

 

 

メンズも小顔になりましょう~!!

 

メンズも小顔になる時代

 

小顔矯正をメンズに行う時は女性とは少しやり方が異なります。

その理由が次のようになります。

 

男性は骨格、筋肉ともにしっかりしているから。

 

そして実際にどのように違うのかというと次のようになります。

 

  1. 1.力強く矯正する。
  2. 2.男性の方が維持し辛いのでテクニックを要する。

 

女性だけが、キレイでいればいい時代は終わりました!

 

それでもやっぱり、いきなり小顔矯正に男性がいくのはちょっとな~と抵抗を感じる方は、こちらがお役に立てるはずです。

参照:『男性の小顔を作る男性専用のセルフ小顔矯正のやり方

 

これからの時代、メンズも小顔イケメンになって、もう一度時代を引っ張っていきましょう(笑)!!

LINEで送る
Pocket

Revisionは他の整体院と何が違うの?という疑問を30秒で解決!

× BACK TO INDEX <<    |   >>

このページのTOPへ

}