美容整顔矯正2017/10/13   更新日: 2018/11/21

ほっぺたに肉をつける3ステップ【矯正・食べる・噛む】

頬に肉をつける

 

ほっぺたに肉をつける。

 

 

丸顔の人が聞いたら、信じられないような言葉ですね。

 

 

しかし、ほっぺたに肉がない方にとっては、なんとかしてほっぺたに肉をつけたいのです。

 

 

では、なぜでしょうか?

 

 

まず、ほっぺたに肉がないと、こけてみえるので老けて見られやすくなります。

 

やつれ顔の女の子

 

頬に影が出来る悩みで対処すべきは骨か?それとも筋肉か?

こちらで説明しているように、写真を撮った際に、頬骨の下に影が出来る原因にもなるので、嫌がる方は多いです。

 

 

頬下の影

 

 

ほっぺたに肉をつける工程は、次のようになります。

 

 

 

  1. 1.矯正
  2. 2.食べる
  3. 3.噛む

 

 

 

基本は良く噛んで食べて頂ければよいのですが、ここで問題があります。

 

 

食事のイメージ

 

 

それは、顎の正しい軌道(使い方)が悪いと、正しく顔の筋肉が使えなくなってしまうので、顔の脂肪が垂れて、ほっぺたが薄くなってしまうのです。

 

 

頬がこける事による3つの弊害

 

 

今回はより効果的に、ほっぺたに肉をつける為の方法をご紹介いたします。

 

 

それでは、やっていきましょう。

 

 

 

ほっぺたに肉をつける前に、筋肉について勉強しよう。

 

【顔の皮下脂肪】

顔の皮下脂肪

 

 

年齢を重ねると、頬の脂肪が落ちる。

もしくは、吸収されてきます。

 

 

老いと脂肪の位置関係

 

 

それに比べて、エラの筋肉の大きさや太さは落ちづらいです。

 

 

肥大化した咬筋

 

 

なので、頬の脂肪がたるんでくるとエラ骨やエラの筋肉の厚みの分、ほっぺたが凹むこけて見えてきます。

 

 

では、ほっぺたの肉。

 

 

どうすれば、垂れないように出来るのでしょうか?

 

 

リビジョン鍼灸接骨院がおすすめする方法は、表情筋を鍛える事です。

 

 

 

表情筋の図式

 

 

頬の皮下脂肪は、浅い方と深い方の2層に分かれています。

 

 

浅い方の脂肪は、表情筋と頭にある僧状腱膜という組織にくっつき、吊り下げられています。

 

 

帽状腱膜

 

 

なので、表情筋が衰えてしまうと、脂肪が垂れ、頬がこけてしまうのです。

 

 

表情筋を鍛えていきたいわけですが、もっとも効率良く鍛えられる方法が咀嚼(そしゃく)。

 

 

つまり、噛む事なのです。

 

パセリを片側で噛むモデル

 

 

歯が無くなった老人の顔の多くで、頬のこけやたるみがある事を確認できると思います。

 

 

あんぐり顔の老人

 

 

勿論、加齢によるコラーゲンやエラスチンといった弾力性の組織が変性し、張りがなくなってしまうといった問題もあります。

 

 

真皮のコラーゲンとエラスチン

 

 

ですが、噛めなくなった事による表情筋のたるみも、原因の1つなのです。

 

 

入れ歯を外した初老の男性

 

 

なので、頬の肉をつけたい方はまず、食事をしっかりと噛んで下さい。

 

 

それだけでも、頬の感じが変わる方も、多いでしょう。

 

 

 

脂肪って何?

顔の皮下脂肪の位置

 

 

脂肪、脂肪と言いますが、脂肪って一体なんなのでしょうか?

 

 

脂肪細胞

 

 

太って見せる為だけのものではない事は、確かです。

 

 

簡単に説明すると、エネルギーを作り出す為の材料です。

 

 

脂肪細胞は体を動かすエネルギー

 

 

この脂肪細胞でエネルギーを作り出しているのですが、この辺りを簡単に勉強していきたいと思います。

 

 

 

脂肪の勉強

脂肪の勉強をしていきたいのですが、脂肪というものを説明しようとすると、膨大な情報量になってしまいます。

 

 

例えば、細胞膜を構成しているのは、脂肪です。

 

 

これは、脂肪は水に溶けたり溶けずらかったりする、その特徴を利用して細胞の膜を構成しています。

 

 

それはイオンなどを細胞内外へ通過させるために、、、、。

 

 

ちょっと、眠たくなってきそうなので、なぜ脂肪がつくのか?

という部分の説明に特化させてお話させて頂きます。

 

 

 

脂肪合成にはエネルギーが必要

まず、脂肪の作り出すには、沢山のエネルギーが必要です。

 

 

そして、そのエネルギーをどこから調達してくるのかというと、甘いもの(糖質)を分解する時に発生する、余分なエネルギーを使っているのです。

 

 

ロールケーキ

 

 

甘いものが脂肪になるのではなく、甘いものを分解するとエネルギーが脂肪の合成を進めるのです。

 

 

現代では、簡単に食事をとる事が出来ます。

 

 

そして、その殆どに炭水化物や糖質などが含まれています。

 

 

甘いものを頬張る

 

 

なので、もし頬に肉をつけたいなら、甘いものをいっぱい食べれば良いのです!!

 

 

と言いたいところですが、そうもいきません。

 

 

確かに、食事を摂取すると顔が丸くなります。

 

 

丸顔のアニメ

 

 

少しこけ過ぎている方などは、それでも良いかも知れません。

 

 

ですが、お肉が大きくなればなるほど重くなります。

 

 

前述したように、頬の脂肪を支えているのは、表情筋です。

 

 

重くなった脂肪を持ち上げるにも、限界があります。

重くなりすぎると、垂れます。

 

 

50代の肌のたるみ

 

 

頬がこけはしなくなるかも知れませんが、垂れて二重顎にはなってしまうでしょう。

 

 

二重あご

 

 

また、面長タイプの方などは頬に肉が付き辛い事も、多くあります。

 

 

健康にも良くないので、頬に肉をつけたいからといって、甘いものの摂り過ぎには気を付けて下さい。

 

 

 

食事の前のひと手間で、顔の印象を変えてみよう。

 

頬にお肉をつけるには、食事をしっかり噛むをいう事がおすすめです。

 

 

片側で噛む女の子

 

 

ですが、あごが曲がったまま食事を噛んでも頬はふっくらしていきません。

 

 

なので、下あごの歪みから整えていかなければなりません!

 

 

 

下顎の位置を正す意味とそのやり方

食事をする時に、左と右の両方を同時に使って食事している方は、少ないです。

 

 

これは、食塊を小さくする時に、左右どちらかの顎だけで噛んだほうが効率よく、食塊を小さく出来るからです。

 

 

片噛みのイメージ

 

 

ですが、片方の奥歯しか使わないという方も、いらっしゃいます。

 

 

チューインガムを噛む子供

 

 

この癖がお持ちでしたら、意識的に左右で噛む事をおすすめします。

 

 

片噛みってダメなの?見た目に影響があるのかを考察してみた。』で説明しているように、顔の歪みに繋がる可能性があるからです。

 

 

そして、下あごを治す目的の1つに、ほうれい線を治すという事もあります。

 

 

 

あごを治すとほうれい線も治る?

ほうれい線は、顔の皮膚や筋膜がたるむことで出てきます。

 

ほうれい線や目尻の小皺がある女性

 

 

なので、顔の筋肉を鍛えてたるみを予防する必要があります。

 

 

こちらの体操を試してみてください。

 

 

頬を持ち上げる口角体操その壱

【やり方】

1.指で口角を持ち上げる。

 

2.もう片方の指で、口角を引き下げて15秒ストレッチする。

 

3.反対側も同様に行う。

 

 

そして、もう1つのほうれい線が濃くなる原因があります。

 

 

それが、筋肉の使い過ぎです。

 

 

表情筋の使い過ぎがほうれい線を作る!

ほうれい線を表情筋の特徴が、骨から皮膚に繋がっているという事です。

 

 

顔の筋肉の特長

 

 

下顎の位置がずれると、筋肉の使い方に偏りがでます。

 

 

すると、皮膚を引っ張り続けてしまうようになります。

 

 

ほうれい線やゴルゴ線の真実を説明した画像

 

 

これが、ほうれい線やゴルゴ線の原因となりますし、使えていない側の表情筋の頬は垂れてこけやすくなります。

 

 

それでは、どのようにして治していけばよいのでしょうか?

 

 

それには、顎の動く範囲を広くするという体操が有効です。

 

 

 

顎の可動範囲を大きくしよう

食事の際、下顎は左右に動きながらバランスをとっています。

 

 

例えば、右で食事をする場合。

 

右で噛む際の顎の動き

1.

顎は真っすぐもしくは、若干左にずれながら開きます。

 

2.3.

あるポイントまで口が開いたら、顎をに右に動かしながら閉じ、食べ物をつぶしていきます。

 

4.

そして、最後に噛みながら左にずれます。

この工程を何回も行う事によって、食べ物を小さくしていきます。

 

 

ですが、下顎。

顎関節に問題があると、この動きが正常に行えなくなってしまいます。

 

 

右には良く動くのに、左にはあまり動かないなど、左右差が生じてくるのです。

 

 

そして、長い時間この状態を続けていると、筋肉の強さにも左右差が出てきてしまうのです。

 

 

下顎の位置がずれ、表情筋も歪み、頬がこけてくるといった具合です。

 

 

これを防ぐ方法を、ご紹介いたします。

 

 

 

顎の可動域改善体操

顎を良く動かして、顎の使い方を変える体操をご紹介いたします。

舌スポットあご回し体操

【やり方】

1.舌先をスポットと呼ばれる上顎の部分に固定して下さい。

スポット

 

2.舌先が離れないように、口を開いて下さい。

 

3.下顎を右にずらして下さい。

 

4.右にずらしたまま、歯を噛み合わせない程度に、口を閉じて下さい。

 

5.そのまま左に下顎をずらして、口を真っ直ぐに戻して下さい。

 

6.再度、口を開いて下さい。

 

7.左に顎をずらして下さい。

 

8.左にずらした状態で、口を閉じて下さい。

 

9.顎を右に動かして、口を真っ直ぐに戻して下さい。

 

10.一連の体操を3セット行って下さい。

 

顎がカクカクするようなら、体操を中止して下さい。

 

 

頬に肉をつけたいなら、このステップを忘れないで

 

頬に肉をつける為には、まずはしっかり食事を噛んで下さい。

 

 

食事を噛む事によって、頬肉を持ち上げる表情筋が鍛えられるからです。

 

 

そして、ただ噛むだけでは、不十分な場合もあります。

 

 

それは、顎の歪みが原因で、筋肉の力に左右差が生じている場合。

 

 

そんな時は、顎の可動域改善体操を試してみて下さい。

 

 

実は、頬に肉を付けたい場合も、無くしたい場合も、行う体操はそんなに変わりません。

 

 

変わるのは、顔の骨格のタイプです。

 

 

骨格のタイプによって同じ体操をおこなっても、効果が変わるのです。

 

 

骨格矯正で、その部分を少し変えるだけでも、印象は変わりやすくなります。

 

ですがまず、今回の方法を試してみて下さい。

 

 

皆さまの悩み解決の助けになれば、幸いです。

 

 

【頬をふっくら見せたい方へおすすめの記事】

 

 

LINEで送る
Pocket

Revisionは他の整体院と何が違うの?という疑問を30秒で解決!

▼よく検索されているワード

〒104-0061
東京都中央区銀座 6-13-5
銀座NHビル4階

営業時間 10:00-23:00
(最終受付 22:00)
不定休

TEL 03-6278-8862


このページのTOPへ

}