プライベート2016/10/11

鍼灸師が給料だけで求人を選ぶと開業で後悔する3つの理由

鍼灸師が給料で求人を選ぶと後悔するよ

 

将来、開業を考えている鍼灸師が給料だけ求人を選ばない方が良いと思う理由が、3つあります。

 

  1. 1.給料を働く意欲にしてしまうと、いつか鍼灸師という職業に魅力を感じられなくなる。
  2. 2.給料が高くとも、勉強できない施術院の場合、開業後に失敗する確率が高くなる。
  3. 3.開業したら、数万円の給料の差は取り返せる。

 

但し、将来開業しようと考えている鍼灸師の方に限った話です。

 

安定を求める方は、むしろ給料を基準に就職先を選んだ方が良いでしょう。

 

それでは、何故鍼灸師が給料だけで求人を選んではいけないのかの理由を、考えていきましょう。

 

 

1.鍼灸師の給料は少ないのか?

 

鍼灸師の平均月収は、いくら位なのでしょうか?

 

例えば、現在の当院求人内容は、次のようになっています。

 

リビジョン求人

 

鍼灸師の求人サイトなどを見てみると、20万~25万円程度が相場のようです。

医療系の国家資格を持っているにしては、それほど高くないのが現状で、僕が雇われていた施術院も、鍼灸師の給料は20万程度でした。

 

今では少ないかも知れませんが、実際に表示金額を貰えないという話もよくありました。

 

そして、もうひとつ重要な事として、給料の上がり幅が少ないという事もあります。

 

 

1-1.雇われ鍼灸師の給料はどの程度上がるのか?

これは、その施術院の昇給システムによって変わりますが、皆さんが余程その院に貢献していない限り、昇給の幅は決まってきます。

 

例えば、鍼灸整骨業界の大手の会社は、金銭的にかなりの余裕があります。

しかし、その分社員の数も多いため、簡単に昇給させてしまっては、月に何百万円もの経費がかかってくるようになります。

 

分院長ではなく、スタッフをして働く場合。

月に額面で30万円貰えれば良いところでしょう。

 

これ自体は悪くない給料なのですが、それ以上の昇給の上がり幅がないのです。

 

しかも、この業界は一般企業にあるような手当て(ボーナス、扶養手当や育児手当て、産休など)が充実した求人も少ないです。

 

なので、若い頃は良いかも知れませんが、年齢を重ねて結婚や出産の事を見据えると、その給料では難しくなってくるかも知れません。

 

 

1-2.分院長になると、どう変わる?

資金が潤沢にある院の多くは、新しく分院を開くチャンスを狙っています。

 

なので、優秀な鍼灸師がいた場合、「院長になってみないか?」という話がわりと早い段階で、打診される事でしょう。

 

そうすれば、頑張り次第で給料が更に上がってくるので、生活は楽になってくるでしょう。

 

しかし、ここからはある程度の不満や、プレッシャーがかかってくるようになります。

 

 

1-2-1.分院長も楽じゃない?

なんとか順当にいって売り上げが上がれば、給料も上司からの評価も上げるので良いのですが、人間は欲深い生き物です。

 

売り上げ対して給料が少ない。

といった不満をよく耳するようになります。

 

売り上げすごい鍼灸接骨院ですと、月の売り上げが1,000万円を越えるのに、院長の給料が100万円程度になってしまいます。

 

個人的には月に100万円という数字ですと、ある程度大きな企業の課長さんクラスの給料と同等になるので、充分だとは感じますが、売上に対しての給料といった面では、不満に思う気持ちも出てくるのでしょう。

 

しかし、売り上げが達成されない場合は話が違います。

 

スタッフとして働いていた時よりも、給料が下がってしまう危険性もあります。

 

まとめると、鍼灸師として給料を目的に働いてしまうと、なにかしらの不満が出てくるので続かなくなる。という可能性が高くなるという事です。

 

 

2.開業を考えているのであれば、給料よりも院長や施術院を研究する事に専念した方が良い。

 

将来開業を考えている方は、求人内容を見る時に給料よりも、他の部分の勉強をした方が良いです。

しかも、意識して勉強して下さい。

 

その理由が、開業した時の助けになるからです。

 

 

2-1.まずは院長先生を研究すべし。

鍼灸師の求人を出している施術院は、ある程度患者さんの来院があります。

 

という事は、患者さんを引き寄せる『何か』があるわけです。

 

その患者さんを引き寄せる力を持っているのは、院長先生になります。

 

それが例え、スタッフに対して横柄な態度をとる院長先生だったとしても、患者さんには通院する意味があるのです。

 

最初に考えられる通院する意味の1つは、『腕の良し悪し』になるでしょう。

 

 

2-1-1.腕の良い院長を探そう。

腕の良い院長の定義は、なにを指すのでしょうか?

 

僕の場合は、患者さんが大勢来院していて、施術者の立場から見てもすごいと思える施術をしている先生になります。

 

この業界は残念ながら、ある一定の技術力を得られるまでに時間がかかります。

多くの患者さんを診て経験を積むしか、腕を上げる方法がないからです。

 

なのでキャリアが長い院長は、腕が良い場合が多く、まずはそこを学ぶ事が大事となってきます。

 

その技術が、開業した時の大きな財産の1つになるでしょう。

 

しかし、患者さんが大勢来院していても、自分が素晴らしいと思える施術を行っていない院長の場合、魅力を感じられません。

 

魅力を感じられなければ、学ぶ事すら困難だからです。

 

 

2-1-2.腕だけではない、院繁盛の理由。

腕の良し悪し以外にも、その院をが繁盛した理由があるはずです。

 

そこを学ぶべきでしょう。

 

分かりやすいのが、『駅から近い』というのは繁盛の理由の1つになるでしょう。

 

しかし、駅から遠いのに繁盛している院もあります。

 

その理由を学ぶべきでしょう。

 

施術料金が安い。

という事も患者さんが大勢くる理由の1つに、成りえます。

 

しかし、1回の施術料金が高い場合でも、繁盛する院はあります。

そのワケを学ぶべきでしょう。

 

このように、そこの施術院が出している求人の給料が安くとも、学ぶべき事は沢山あるはずです。

 

 

 

 

3.開業したら、月に数万円の給料の差は取り戻せる。

 

雇われている時の給料の差は多くとも、数万円です。

 

しかし、開業した場合、繁盛している院の院長と、繁盛していない院の院長の所得の差は数百万円です。

 

月に5万円給料に差があり、3年間修業していたとします。

5万×36ヶ月=180万

 

院が繁盛したのであれば、1か月でひっくり返せる金額です。

 

現に、僕と同期で、開業し院を繁盛させた先生がいます。

その先生と、開業していない先生との収入の差は、数千万円に及びます。

 

この先生は、将来開業を見据えた修行の仕方をしていました。

 

開業で後悔したくないのであれば、目先の給料も大事ですが、将来への投資として修業してみる事も、必要になってくるでしょう。

 

 

4.鍼灸師は給料よりも、どれだけ学べるかで求人を選ぼう。

 

確かに、給料が良ければ良いだけ、その求人は魅力的になります。

 

しかし、鍼灸師の場合、給料が良いからといって安易に求人を選んでいるのであれば、避ける事をおすすめします。

 

開業を目指しているのであれば、尚更です。

 

その理由が3つ。

 

  1. 1.給料を働く意欲にしてしまうと、いつか鍼灸師という職業に魅力を感じられなくなる。
  2. 2.給料が高くとも勉強できない施術院の場合、開業後に失敗する確率が高くなる。
  3. 3.開業したら、数万円の給料の差は取り返せる。

 

鍼灸師はその職業の特質上、いつかは独立開業したいと思う方が少なくないはずです。

 

もし、将来開業を目指しているのであれば、給料が良い求人を選ぶだけではなく、学べる施術院の求人を選んだ方が成功する確率は高くなるでしょう。

 

開業を考えている鍼灸師の方は、求人選びの際に参考になさってください。

 

おススメ関連記事:

鍼灸師は食えないなんて嘘!師匠から盗め成功の秘訣

 

柔道整復師が保険に頼らず店舗も持たずに生きていく方法

 

実費の整骨院で学べる最も貴重な経験とは?【柔整師必読】

 

鍼灸師が給料だけで求人を選ぶと開業で後悔する3つの理由

 

柔道整復師からの転職の理由を考える【理想と現実のギャップ】

 

鍼灸師として仕事の内容にこだわりたい【求人の見分け方】

 

鍼灸師には女性が適任【将来性の不安は技術でカバー可能です】

 

鍼灸師になりたい思いを阻む3つの壁【難易度や給料、将来性】

 

女性の柔道整復師が活躍する為に求められてくるスキル3選

 

柔道整復師の勤務時間長い問題の解決法【週休3日も可能】

 

 

 

募集要項など詳しくはこちら

→『リビジョンの求人情報

 

 

LINEで送る
Pocket

Revisionは他の整体院と何が違うの?という疑問を30秒で解決!

× BACK TO INDEX <<    |   >>

このページのTOPへ

}